花と私とエネルギー


私が感じたことをメモ書きするスピリチュアル日記です。
by mamemai
LINKS

☆エキサイト以外のリンク
mina-cle
日々是平凡なり
サンフランシスコ生活
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


シンクロがすごい

といっても、シンクロナイズドスイミングじゃないですよ。

「シンクロにしてぃ」の方です。

でもこういうのってシンクロっていうのでしょうか。

一般的なシンクロは、クレドンとかデジャビュっぽい感じで起こってくるものを言ってるように思います。

私の場合は、なんていうんだろう、人生の流れがミステリードラマみたいたくさんの伏線を含んでいて、「あ、あそこでこうだったのはここでこうなるからだったんだ」ということが、ズダダダ〜とつながってわかってくるときがあります。

それはチャチなミステリーとは違い、「え?あれが、これとこれとこれ、それにあれにも関係してきてたんだ〜」みたいに、ひとつのことが、いくつものことに紐づいていて、ビックリします。

でも、その「わかる瞬間」は頻繁にあるわけでなく、結構長い期間、なんだかわからないでいることがあります。そういうときは、道に迷っているような感覚です。そしてある時、急に「謎が全て解けた」みたいになるんですね〜。

今回も、しばらくモヤっとしていましたが、ここにきて急にこの3ヶ月くらいのモヤモヤの意味がわかりました。
フラッシュバックするみたいに。

わかるとスッキリして、またやる気がおきます。

人生とはそんな繰り返しなのかもしれませんね。
[PR]

by mamemai | 2010-11-09 23:42 | スピリチュアルな考え事

鼻がすごい

先日、会社で、プ〜ンと生姜焼きの匂いがしました。

「なんか、生姜焼きの匂いがしない?」

と周囲の人たちに言うと、みんな一様に顔を上げてクンクンと匂いをかいでいましたが、

「しな〜い」

という。

でも絶対に匂いはしていたので、周囲の人間全員が「しない」と言い切っていても、私も「いや、する!」と断固として譲りませんでした。

すると、「そうですかね〜。」となんだかそれ以上ごり押しもされず、なんとなくその場は終わりました。

しばらくすると、さらに生姜焼きの匂いが強くなってきたので、今ならみんなにも匂うかと、「ね!今、すごい匂うでしょ!」というと、ほとんどの人が、「いや、匂いません。」と言った中、一人だけ「しますね」という人が現れました。

すると、他の人たちも「え?ほんと?」とまたクンクンし始め、そのうち、「あ、ほんとだ!」という人も増えてきました。

「mamemaiさん、鼻が良いんですね〜」ということになりましたが、なんと最初は、「mamemaiさんの妄想だろう」とみんな思って片付けていたそうです。

・・・さすがカウンセラー軍団よの・・・。

幻聴みたいなもの・・・と思ったみたいです。

聞こえるはずのないものが聞こえる・・・幻聴
では、匂わないはずのものが匂うのは・・・幻臭・・・

聞いたことねー!

と盛り上がりました。

にしても、絶対に匂っていたのに、妄想だと思われて・・・
なんか、

「ほら!あなたの横にいたあのオジサンよぉ!」
「え?オジサンなんかいなかったじゃない?」
「いたわよ〜。オジサンが隣で・・・え?」
「やだー。こわい〜!」

みたいな感じで、霊が見える人と似たような感じだなと思いました。

生姜焼きの匂いがする・・・え?しないじゃない?したわよ〜・・・え?
しないの?きゃー!こわいーっ!

・・・てか?

こわくない。
[PR]

by mamemai | 2010-11-05 22:24 | もわわん

どの道で行くか

新しい仕事になってから、心理学系の知識に触れることが多くなりました。

何何理論だとか、何何セラピーとか。

カウンセラーさんとかから、何何理論などの話を聞いていると、「ふーん。それってニューエイジの考え方と同じだね」と思うことが多々あります。
ただ、話す言語が違うだけってやつだけですね。
アメリカではこれを「apple」というが、日本では「りんご」と言います、というような感じです。

なかでもビックリしたのが、今HOTなセラピーで、ACTというのがあるそうです。
これは、「Acceptance Commitment Therapy(アクセプタンスコミットメントセラピー)」というもので、まだ勉強中で詳細までは理解していませんが、ざっくり言うと、「今、ここ」にいることを促すためのセラピーのようです。

心理カウンセリングで、「今、ここ」なんていう言葉が出てくることにもいささか驚きましたが、内容的にも、マインドのいたずらに惑わされず、今ここ、この瞬間に意識的であれ、というような感じで・・・。

これって「ニュー・アース」に書いてあったのと一緒やん!と思いました。

「ニュー・アース」を読んで、自分のエゴについていろいろと考えていた中で、「スピリチュアルである自分」というエゴにべったりこだわっている自分に気づきました。
まだまだ完全に取り除けませんが、この「スピリチュアルであること」へのこだわりが薄くなってくると、いろいろなことが、いろいろなやり方で、一つの何かを追い求めていることをより実感するようになってきました。

だから心理学っつーのも、学問的なやり方で「とある何か」を追求し続けているのだなぁ、と、なんだかいろいろな分野でみんなががんばっていることを愛おしくも感じました。

・・・とはいえ、とはいえです。

そういうことは、ぜーんぶ、幻想で、結局は空(くう)ですよね。ニューアース的見方でいうと。

探すことをやめたとき、それが目の前に現れる。

幼いころ見たアニメで何度も表現されていましたが、それは本当のことなのかもしれないなぁと思います。

みんな、何か、いろいろがんばって生きてるんだな〜とかしみじみしちゃったり。します。
[PR]

by mamemai | 2010-11-03 22:50 | もわわん