花と私とエネルギー


私が感じたことをメモ書きするスピリチュアル日記です。
by mamemai
LINKS

☆エキサイト以外のリンク
mina-cle
日々是平凡なり
サンフランシスコ生活
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


豊かさ


贅沢な話だけれど、大体全てが望んだ通りに進むようになってきて、あんまり人生に不満がなくなっている今日この頃ですが、気持ちとしては並程度の幸せ感です。

どうしたらもっと、「ヤッター!」と思うほどガッツリしたものを掴めるのだろうか

とボンヤリ考えていると、ふと思い出したのが、
チャック・スペザーノの本に書いてあった一節。

「天国はふたりずつ入るもの」

というものです。
「ア コース イン ミラクルズ」という本に書いてある考え方らしいのですが、これが思い浮かび、なんとなく、「一人で得られる幸せはこの程度なのかな」と妙に納得したというか。

これは、パートナーがいなければ得られないと言っているわけではなく、自分のために創りあげる幸せを手に入れて得られる幸せ(ややこしいですが)はこの程度ということで、誰かのために創り上げる幸せによって自分が得られる幸せはさらにでかくなるのでは?ということです。それが豊かさってことなのかなぁって。

こういうことがパートナーシップとかリーダーシップとかの考え方で(チャック式のですが)、つながりを持つというか、あらためて自分のつながりに気づくということなのかなぁとも思いました。
ワンネスってやつですね。

ちょっと前から似たようなことをことあるごとに書いていたかと思いますが、それはきっと、オーラの外側の方にあった概念がどんどん内側にしみこんできて、より実感と理解が出て来ているということなのでしょう!

しかし、「ふたりずつ入るもの」ってある意味衝撃!
豊かさの話とは別に、真剣にパートナーを探す気も起こってきました!もっと早く言って欲しかった。
[PR]

by mamemai | 2010-08-30 23:40 | もわわん

彼女も水瓶座


いや〜、めざましテレビの高島彩ちゃんも9月でめざましを卒業して今年いっぱいでフジテレビやめちゃうんだ〜。入社したときからずっと見てるから感慨深いよ〜。

などと思いつつ、彼女、水瓶座。

めざましテレビの担当になったのはなんと、2003年だって!
そして今年辞める。。。
この行動、私とまるかぶりだよ〜。

やっぱり水瓶座って今年はそんな星周りなのかしらね〜。やだわ〜。奥様。
これで彩ちゃん、電撃婚するのかしら。ん〜、楽しみだわね〜。
そういう星周りならね〜、なるかもね〜。ムフ。
[PR]

by mamemai | 2010-08-23 22:29 | もわわん

85%


しつこいですけど、「30日間で理想のパートナーを見つける法」のワークについての話です。

この本に書いてあるワークは本当に潜在意識にあるいろいろなことに気づかせてくれるのでとても役立っています。

とはいえ、一応目的は「理想のパートナーを見つける」なわけです。

この本の29日めのワークの中で、「にせものにだまされるな!」というような警告があります。つまりどういうことかというと、この本のワークを全部終わると、大体すぐに理想のパートナーに出会うわけですが、どういうわけか一番最初に出会うのは85%理想のパートナーで、100%の理想のパートナーではない、ということなのです。
なので、85%に気を取られていると100%に気づかないから気をつけろ!と書かれています。

・・・ふーん。
てか、85%なのか100%なのか、わからなそうっ!
もし「こいつは85%だな。」と思ったのが100%の方だったら!

とか思ってドキドキしていたわけです。

そして、そんなことも忘れるくらい誰にも出会わないまま時だけがいたずらに過ぎ・・・。

先日、「もしかしてこの人?それともこの人・・・と思うけど一人目だから85%!?」と思う人が少し出現しました。

どっちどっちどっち!?

と思って攻めきれずにいましたが、なんと!!
85%の方でした。

あぶねーぜ!

でも、85%が出現したってことは・・・。
アノ本のワークはうまくいっているのでは!?

もう少し待てば100%、、、いや120%完璧に理想のパートナーが現れるに相違ない。

家宝は寝て待て。

しばし、待つとしよう(微笑)
[PR]

by mamemai | 2010-08-12 21:26 | もわわん

メンタルヘルスとフェイシャルリフレクソロジー


このところ毎日毎日うつ病とかについて勉強しています。。。しあわせ!

とはいえ、うつ病というのは、ストレスが原因の病気の中のひとつに過ぎず、最近はこれが「どメジャー」なだけで、身近な病気もストレスが原因であることもあるのだなぁということを知りました。
・・・ま、知ってましたけど。みんなも知ってるってことを知りました(笑)

本によると、ストレスに感じることが発生すると、脳の大脳皮質でその程度が評価され、そして大脳辺縁系に伝わり、大脳辺縁系の神経細胞が刺激されるとその刺激は視床下部にも伝わり、自律神経系、内分泌系、免疫系の反応を引き起こすとのこと・・・。

・・・。

自律神経系、内分泌系、免疫系・・・。

脳・・・。

大脳皮質・・・。大脳辺縁系・・・。

これはつまり、フェイシャルリフレクソロジーがとってもこのストレスの解消に効果的ってことにも聞こえてきました。

フェイシャルリフレクソロジーは、クライアントが一番偏って使いがち、負担をかけがちな経絡を見つけてそこに働きかけることにより、全体のバランスを取り戻すセラピーですよね。
全体のバランスを取り戻す、ということで、免疫力アップとも言われています。
もちろん、内分泌に働きかけていますし、なんといっても自律神経系のバランスも取り戻すのにも良い。
かつ、経絡以外にも脳神経にも働きかけて偏りを解消しているわけですから・・・。
道理でリラックスするわけやな〜。そして、セラピーを受けた後は、イライラがなくなったり、平穏な気持ちでしばらく過ごせたなんて人がいるわけですね。

まー、フェイシャルリフレクソロジー以外の他のセラピーでも、自律神経系や内分泌系、免疫系に働きかけるものもたくさんあるのでしょうが、フェイシャルリフレクソロジーもやっぱり使えるセラピーなのだなぁ、と改めて感心いたしました(^^

フェイシャルリフレクソロジーを定期的に(大体1ヶ月に1回くらい)受けるようになって1年経ちましたが、ぷりぷり度アップなどの美容的な反応以外にも、考え方に柔軟性が出て来たのかなぁとも振り返ってみると思いました。
やわらか頭ってやつですね。

いろいろなことの結果なので、フェイシャルリフレクソロジーだけのせいではないと思いますが、1年前よりももっと幸せになっていることは確実です。
何かのサポートにはなっていそうですね。

このままもっと続けて、ぷりぷりハッピーをさらに高めていってみたいと思います。
[PR]

by mamemai | 2010-08-08 23:22 | エネルギーワーク

失うことへの恐れ


最近ハマっているビジョン心理学のチャック・スペザーノの理論だと(「チャック・スペザーノ博士の『幸せな子ども時代を取りもどすのに、遅すぎることはない』」 などに書いてある三角形の成長模型)、自立(真実ではない男性性)の段階の次にくるのは「パートナーシップ」の段階だそうです。
ちなみに一番最初は「依存(真実ではない女性性)」の段階です。

私はこの「パートナーシップ」の段階に入ることから、たいそう長い間逃げ続けてきたのではないか、と思い始めています。
というのも、先般紹介した「30日間で理想のパートナーを見つける法」の中に書かれているさまざまなワークを実践していると、どうもそうとしか思えなくなってきたのです。

私はもうずいぶん長いこと、「ひとり」でいることを尊重してきたのですが、一方でそのことでいろいろ悩んだりもしていました。葛藤はあったわけですね。
「ひとり」を尊重していた大きな理由として、自分がわかっていたのは、「自分の自由を奪われるのではないか」という恐れがあるということでした。

なので、パートナーシップの段階に進むにあたり(進むと決めたので)、その恐れを地味に取り除いていたわけですね。すると・・・、なんとその恐れはカムフラージュ、というか、スペザーノ的な見方でいえば、「成長させないための自分で作った理由」で、その恐れ自体の本気度はあまり高くないことがわかってきました。

で、その恐れの下にねっとりがっちりばっちりべったりくっついていたのが、「失うことへの恐れ」でした。以前にも何回か取り除いたことはありますが、結構深くまで入り込んでました。

まー、とにかく「失うこと」を強く恐れていたので、誰とも親密にならないようにしていたのでした。私の中に「親密になればなるほど失うときに痛い目みる」という考えが染み付いていたからです。

でもスペザーノ的に言えば、そんなのは「全部ウソ」です。「成長しないためのとってつけた言い訳」にすぎない、ということらしいので、ブレイブリーにこの「失うことへの恐れ」を捨ててみました。いつものぶん投げ、背負い投げ、一本背負い式ですね。
すると、「失う」なんてことはないっていう理解がスルリとどこかから降りてきて、誰かともっと親密になっていきたいという気持ちになってきました。

「失うことへの恐れ」といえば、経絡でいうと「肺・大腸経」が乱れているときに出る感情だったりしますが、だから大人になってからは便秘症だったのかしら。。。原因不明の喘息になっちゃったこともあるし。第一、喉がすぐ枯れちゃうし。

でも捨てたからもうだいじょうぶかな・・・。残骸が残っていないかよく見回らないと!

ということで、このスペザーノ式の「・・・というのは全部ウソ」とか、「・・・というのは単なる言い訳」っていうのは結構使えます(笑)
ネガっぽいことが頭をよぎったら、大体全ての事柄の末尾にこのふたつをつけるといいと思います。
サロンのブログで今度このことについてもうちょっと書いてみようかな〜。ブツブツ・・・。

そんな感じです。
[PR]

by mamemai | 2010-08-07 22:07 | スピリチュアルな考え事