花と私とエネルギー


私が感じたことをメモ書きするスピリチュアル日記です。
by mamemai
LINKS

☆エキサイト以外のリンク
mina-cle
日々是平凡なり
サンフランシスコ生活
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


MOTHER


以前にも書いたかもしれませんが、今年になってから霊能者のQちゃんに「あなたはオカンになる人」と予言されました。

パートナーも今のところいないし、オカンになるような可能性・・・ナス。

だったわけですが、ここにきて突然、「オカンになる人」の意味がわかりました。

最近、霊的な原則とか、自分の世界を自分で創り上げていることとか、そういうことをちょこっとアドバイスというか教えてあげる機会があったのですが、恐れや失望などなどから拒否反応を起こす人が結構います。

まずは、否定する、ってやつですね。

相手が恐れから言っていることだとわかっているので、黙って聞いていますが、静かに観察していると、相手は私を攻撃しているようで、実は自分を攻撃していることがわかってきました。

今までは、「言われたら言い返す」で必ずといっていいほどパワーゲームになって、勝った負けたで終わったのですが、言い返さない素養を身につけたら、意外なことがわかってきたというわけです。

こんな風にできるようになった理由のひとつには、「恐れ」から出てくるもののパターンにどんなものがあるのか知ることができたからです。

何かしらの恐れがあると、大体攻撃するか、失望するか、無気力なるか、聞こえないふりするなどなど、表現方法が異なるだけで、一旦拒否反応を示して、目の前に差し出されたものを受け取らないようにします。

で、ほっとくと、あとでそっと取りに来たり、あるいは、そのまま何ヶ月何年もの間ずーっと無視し続けたりする場合もあります。

こんなパターンがわかってきたので、では私はどうしたらよいのか、とふと考えました。

これまでは、どちらかというと相手と同じ土俵にたってがっぷりよつに戦って、打ち負かすことによってこちらに来てもらう(強制サレンダー!?)だったわけですが、結局それも私自身の中の恐れが原因だったわけです。
その恐れがなくなってくると、「同じ土俵でがっぷりよつ」だとダメな気がしてきました。

もっと大きな目で見守ってあげる姿勢が大事なのでは・・・と。
そして、どんな恐れの行為も受け入れてあげる素養が求められているのでは・・・と。

つまりそれは、「霊的な母」ではないのか、と思ったわけです。

「オカンになる」という声が頭の中に急に響き、「あー、そういう意味だったのか」となんだか急に納得。

もちろん、現実生活でも母になるように勤しみますが、いただいたあの言葉にはいろいろな次元での意味があったのかなぁと思う今日この頃です。

霊的な母、女神でいうとマザーマリア・・・かしら!?
に変容するよう、がんばりふ。
[PR]

by mamemai | 2010-07-31 14:17 | スピリチュアルな考え事

ストレスの可能性


私にとって、今月は精神的なストレスがない1ヶ月でした。

大体1週間程度ののんびりする旅行に行った後にはお肌がプリップリになるんです。
今月は、もちろんハワイには行きましたが、ハワイの夏の日差しを舐めていたためガングロになってしまい、環境ストレスという面ではすごかったと思われます。

にも関わらず、フェイシャルリフレクをいつもやってもらっているQちゃんが開口一番「肌に透明感があるね〜」と。

自分でもそうは思っていましたけど、やっぱり端から見てもそう見えるようで、これはやはり、ストレスなく、ホゲッと過ごしていた賜物ではないかと思われ。

あとは、化粧しなかったからかな。いつももしてるっていうほどはしてませんけど、それにもまして、スでいることが多かったので(ハワイでは眉毛しか書かなかったし)それも良かったのかもしれません。


日焼けするとシミができるとか、毛穴はポアレス美容液で縮むとか、たるみにはマッサージとか、いろいろなことを言われますが、結局はストレスをうまく解消できて、体の状態がよろしくなると自然と美しくなれるってことなのね!と実感。

フェイシャルリフレクの創始者ロネも、「上からいくら塗っても無駄。体の中から美しくならなければ解決しない。」と言っていましたが、本当にそうですね。

体を含めた私たちのエネルギーは、それ自体で自然と浄化していく力を持っているので、ほっておくとこのように(私のように)ぷりぷりしてくるのだと思います。
しかし、日常的には、浄化と負荷とのバランスが崩れているため、毛穴がバッコリ開ききってしまったり、お肌がだる〜んと下に下がったり、シミができたりしてしまう。なので、自然の浄化作用を促進するような、フェイシャルリフレクとか、ニューロフットとかもそうですし、アロマトリートメントなんかもそうかもしれませんが、そういうものを受けるとぷりぷりしてくるのでしょう。

みんながこういう健やかで穏やかな状態になれるようにお手伝いできたらいいなぁと思う今日この頃です。
[PR]

by mamemai | 2010-07-27 11:42 | もわわん

直感能力者が伝える人生の真実

あ〜。夢のような日々がまもなく終わろうとしている・・・。かなピーのぅ。

来月から新しい職につくので、7月はなんと1ヶ月ほとんど有給を使ってお休みしているんです!
働かず、毎日起きたい時におき、寝たい時に寝て、食べたいときに食べて、気ままにぶらっとどこかへでかけたり・・・。
かつ、収入は入ってくる訳ですから、言うことなしですね。

こんな生活、、いいな〜。
もう2、3年こういう生活したいもんだね。(年かよ!)

「毎日特にやることがないって本当にいいわ〜。まったく緊張感がなくて。」と、リタイアした母がよく言っていましたが、確かにそうだな!と私も実感しました。
リタイアした訳ではありませんが、結構長い間、入院などではなく、健康なのに働かないで良い状態になって、まず実感したのが、「自分は毎日緊張していたんだ」ということでした。

人間関係のいざこざ、仕事をきちんとできるかどうか、とかそんな緊張ではなく、「毎日、健康状態を保っていなければ」という緊張で気を張っていたことを発見したんです。

明日からしばらく休みなんだ〜、と思ったとき、「ああ、もういつ風邪をひいても、具合が悪くなって起きられなくなっても大丈夫だ〜」と思った自分がいたんです。

よく定年を迎えたあと、バタッと病気になる人がいるらしいですが、やっぱりこういう緊張感から解放されて体が急にガクっと緩んで病気になるんでしょうね。

私の場合は、実際には病気にはなりませんで、逆に、ムクムクとパワーが・・・。元気すぎて困るくらいです。やることないのに持て余してしまって。
結局は、リラックスしている方がパワーが出るっていうことのようですね。
この調子で社会復帰したあともできればいいですが、今時点で早くも体が緊張してきているのを感じており。

とはいえ、ある程度「締まる」ということは大事なので、締まったり緩んだりをうまく行えるからだとメンタルを創れたらな〜と思います。

話は少し変わりますが、この休みに入る少し前に、第6チャクラを自分のものにできていないな〜と感じることがありました。
左目が痛くて痛くて、とはいえ、腫れているわけでも、結膜炎でも、ものもらいでもなく・・・。どうしちゃったんだろうな〜と思いつつ、様子を見ていました。
でも、なかなか治らずいたとき、ふと、第6チャクラを見てみると、びっくりするぐらい不当化のエネルギーがくっついていました。
私の透視能力を自分で否定するエネルギーでした。
確かにそのころ、天然の霊能者の人に会う機会が何回かあり、私なんて私なんて天然の人みたいには見えないし・・・。などと思っていたら、べっとりそのエネルギーがくっついてしまったようです。
丁寧にそのエネルギーを取り除きヒーリングすると、左目の痛みは不思議と治ってしまいました。

痛みは治ったものの、自分のふがいなさにガックリして、第6チャクラを自分のものとしてちゃんと所有するためのフラワーエッセンスを作り飲み始めました。
おもしろいことに選ばれたエッセンスは、過去世や家系などのカルマ的傷を癒すものが多かったです。

エッセンスを飲みはじめてしばらくした頃、前々から気になっていたコレットの本を読んでみようかな〜(休みでヒマだし)という気持ちになり、早速読んでみました。

f0017070_12153947.jpg「直感能力者が伝える人生の真実」という本です。

この本は、案外おもしろかったです。コレットのラジオを聞いたことがある人は、コレット自体がおもしろい人だとわかると思うのですが、語り口がスピリチュアルっぽくなく受け入れやすかったです。
でも、書いてあることは実践的な事柄も多く、「直感能力者」というだけあり、透視能力をどのように開発していくか、また、自分がどのように透視能力に対する信頼を成長させていったかも書かれておりとても参考になりました。
やっぱり、透視、透聴など、これまで使って来なかった能力は徐々に成長していくものでもあり、焦らずじっくり練習を続けていこうと思えました。筋肉と同じで一昼夜にしてマッチョにはなれないということです。

この本を読んだり、エッセンスを飲んだりしていて、ふと思ったのですが、「見えてない世界」があるな、と。
「見えてない世界」はない、と教わってきた・・・というか、「見えてるものだけ見ろ」と私たちの多くは教わってきたので「見えないところを見る」癖がついていないんですよね。
でも、そこには何かあって、それを知る力、見る力、使う力は私たちはしっかり持っている、なんかふとそんな気がしました。

子どもの頃から何十年も、見えるものを見る特訓をしてきたので、そろそろ次は見えないものを見る特訓を開始しようかな〜とそんな気分です。
[PR]

by mamemai | 2010-07-23 12:22 | BOOKS