花と私とエネルギー


私が感じたことをメモ書きするスピリチュアル日記です。
by mamemai
LINKS

☆エキサイト以外のリンク
mina-cle
日々是平凡なり
サンフランシスコ生活
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


カルマ解消でその次は。。。


ワークショップを終え、
なんかひとつのカルマを解消したような気分です(^^;

不思議とようやく次のステップへ進める、といった気分です。

それでは次のステップとはなんだろう・・・。

よくわかりませんけれど、目の前にあったものはフェイシャルリフレクソロジーでしたので、とりあえずそれかな、ということで本格的にフェイシャルリフレを来年からやっていこうと思っています。

以前にも書いたかもしれませんが、不思議と私のサロンには肉体的な悩み、、、つまり病気で悩んでいる方はあまりいらっしゃいません。どちらかというと、メンタル的な悩み、人生の岐路の方が多いです。

ヒーラーの状態にお客様は引き寄せられて来ているのだと私は思っていますので、肉体的な悩みの方がいらっしゃらないのは私のエネルギーのせいであろうと、思ってはいます。

とはいえ、私が我ながら「なぜかこだわってるな〜」と思うのは、「病気」のことです。
日夜、人はなぜ病気になるのか、病気の原因は?、治療法は?、予防法は?、と研究しているわけです。
そういう自分は去年過労で倒れた以外は別段持病があるわけでもなく、たぶん健康です。
私の身近な人に、現在の医療ではこれといった治療法がない人が結構いることも、このこだわりに多少は影響を与えているかもしれませんが、。。。うーんどっちかというと、きっかけにはなったかもしれませんが、こだわりの原因は何か別のことがありそうです。

よく見えるオーラの中の画像では、何らかの伝染病で苦しんでいる人たちが目の前に大勢倒れている、というものがあります。自分もその伝染病に感染するのではないかと大変怯えています。ちなみにその伝染病は、かかったら治らないもののようでした。
この画像がひとつの原因ではあるようですが、根深くなかなか取り去れません。


フェイシャルリフレクソロジーは、補完療法として世界的にも注目されているセラピーですが、これをサロンで始めるとどうなるでしょう。今から楽しみです。
私の個人的な見解ですが、フェイシャルリフレクソロジーは肉体的な症状の緩和にも働きかけますが、「全体のバランスをとる」という特徴から、「偏った考えにバランスをもたらす」ことにも働きかけているように感じています。肉体や気の偏りは、その人自身の考え方の偏りの特徴であるわけですから、あながち間違ってはいないとは思いませんか?
私自身も、セラピーを何度も受けることによって、考え方が柔軟になった気がしましたし(^^

みなさんにも是非体験してほしいですね。
来年の春頃にはスタートできたらな〜と今プランを練っているところです。
[PR]

by mamemai | 2009-12-29 19:03 | もわわん

変化のための時間


最近よく感じることがあります。

それは、人それぞれ変化するために要する時間がある、ということです。

言葉でこのように書くと、「あたりまえやん」という感じですが、知っていると解ることはまた別というわけで。

私はヒーラー生活も段々板について来た感じでもあるため、割と変化慣れしてきている部分もあり、一般的な変化の場合、一瞬で終わることがほとんどです。
ですが、私が2秒で終わることでも、他の人では30分くらいかかることもあるわけです。
慣れてないので、変化することに無意識に抵抗しているのかもしれません。

以前は、結構こうして人が何かを受け入れて変化する時間、すなわち「変化待ち」をよくよく理解していなかったため、待つことができない女でした。
なので、せっかちでしたし、すぐにイライラしました。
・・・うーん、この状態がバッチフラワーエッセンスでいう、「インパチエンス」の状態ですね。

最近は、「もしやこれは、変化を受け入れられなくて、時間がかかっているのでは?」と冷静に相手を見守る度量ができてきたらしく、その状態をいささか不可思議に感じることはありますが、待てます!イライラせずに。

先日も、ちょっとした話し合いみたいなものがあったときに、私はすぐに直球の解決策を提示したのですが(的は真ん中しか射れないタイプなので・・・)、メンバーはそれをすぐに受け容れることはできませんでした。その後なんだかよくわからない議論のような、告白のような、結局は私の提示したものと同じことをいろいろな形で話しているという状態が30分くらいあり、突如、「じゃ、mamemaiさんのお話されたもので行きましょう」という感じになりました。

この体験で、「探していたものを目の前に出しても、それが探していたものとわかるまでには人それぞれ時間が必要なのだ」と感じました。
その時間を奪い取ってしまうと、理解できないし、同意できることまで同意できなくなったり、変な方向にいってしまったりするんだな〜と。


だから待つしかありません。
他のこと考えたりして、待ってればいんです。

自分のペースがあるように、人それぞれのペースを尊重してあげるって大事なんですねぇ。
[PR]

by mamemai | 2009-12-20 01:13 | もわわん

来年へ向けて 妄想




カレンダーとかあまり買わないほうなのですが、2010年のカレンダーを先日買いました。
なんと、亜土ちゃんカレンダー!
絵のかわゆさに、買わずにおれんかった・・・。
所有欲〜。

いやいや、この絵に描かれている女性像を見て、自分を奮起させようと・・・。

とはいえ、いい歳こいて少女趣味であることには違いない。
しかしこれは日本人女性には多いことではないでしょうか。
西欧では、大人になるとは子どもの趣味との決別、のような感じもあるような気がします。大人になってもキャラクターものなんかを持っていると、怪訝な目で見られちゃうとか。成熟した女性であれば、それなりの外見とセクシーさを合わせ持つのが普通、みたいな。

なんたって、「カワイイ」という概念がなかったくらいですからね。

だからいんです。日本人ですから。キャラクター趣味でも。
アニメ好きでも。

と言い訳ざんまいですが、この亜土ちゃんの絵を見ていると、「あ〜、やっぱり私も絵を描きたい!」という気持ちが高まってきます。
美術の時間に習うような絵は得意ではないですが、描くこと自体はどうやら好きなようです。
私のとんちんかんでインスピレーション任せの絵を見ると、思わずみんなは「画伯」と称しますが、それは単にどうにかしてネガティブな言い方を避けようとした結果かもしれません(笑)

絵を描くのは、まだ始めてない者からしたら、お菓子作りと同じくらいの馬力が必要です。要するに、準備段階がめんどくさい。

場所づくり、道具、材料が揃って、さて、やるぞ!となってからは楽しい時間が始まりますが、その準備がねぇ〜。

だから、私はいずれ、アトリエ部屋を持って、絵が描けたり、刺繍ができたり、なんかいろいろハーブの品々を作ったり、生け花したり、盆栽したり、好きな事ばっかりを「やりっぱなしで」置いておけるようにしたいな、、、と思っています。

遊び場ですね。

今年、フェイシャルリフレクソロジーに専念するということで、その他の趣味を抑え込んできただけあり、やりたいことが溢れそう!

そういうのを来年ぜ〜んぶやったりして、「8:豊かさ」の年となるのだろうか。そんなことしてたら心は豊かだけど、経済的には豊かじゃなくなりそう(^^ ハハ。
[PR]

by mamemai | 2009-12-13 15:23 | もわわん

1と3



何気に「THIS IS IT」、ちゃんと観ました。
感動した〜。DVDも買っちゃおうかな〜ん。

エンドロールが終わったらどこからともなく拍手が。
どこの館でもそうみたいですね。まさか木場でも拍手が起こるとは。

なんといっても、最高の人たちが、一生懸命に何かすばらしいものを創りだそうと努力している姿に感動しました。みんながひとつになって。
「クリエイティビティとは」、というものを見せてもらったような気がしました。

さて、今日の話題。1と3。
数秘術でいうと、1は創造。何もないところから生み出すこと。
3はクリエイティビティ。ま、こちらも和訳すると創造性になってしまいますけれど、1とは違って、2の次の数字なので、新たな発想、発想の転換といったところでしょうか。

エリ佳さんにヌメロロジーで私も見てもらった時に、私の持っている数字には「1」が多いことがわかりました。初めて見てもらったときは、「ふーん」って感じであまり実感はなかったのですが、最近、なんかわかる気がしてきました。

私は案外何もないところから創りだすのが好きです。
でも、実は多くの時に私の課題となっているのは「3」のエネルギーです。
こちらも、以前はあまり実感沸きませんでしたが、先日夜寝ようとして寝返りをうった時に「あ!なんかわかった!」と思いました(笑)

つまり、ありものとありもので何かええもん創るっつーことだと。
小枝と藁があったので、火をおこしてみました的な。
そういうことが私にとってなんかこれから重要になってくる気がしました。

私は今非常にたくさんのいろいろなものを持っているので、これからはそうやって3の力で、そのパーツを活かせよ、ってことなのかなぁ、と。

数秘で私の誕生日をひも解くと1が多いのですが、生の私の誕生日も、「ぜってー、決めて出て来たろ?」っていうくらい1と3が多いんです。なんせ、生まれた時間だって、13時05分ていう。(時計にすると、1、1だし・・・)

そんなにしないと忘れちゃうからってことですよね。やっぱり。
ということで、もうちょっと3的要素を意識していってみようかなぁと思います。


そういや全然話し変わりますけど、「THIS IS IT」でマイケルがちょっと声を荒げるシーンがあるんですが、すぐにマイケルが「怒ってないよ。愛なんだ。」と言うんです。

・・・これは使える、と思い、早速家でイラっとしてムッとした反応をしてしまったあとに「怒ってない!愛なんだ!」ってマイケルのモノマネで言ってみたところ、怒りは笑いへ変わりました(^^

愛なんだ!with LOVE!
[PR]

by mamemai | 2009-12-01 22:03 | もわわん