花と私とエネルギー


私が感じたことをメモ書きするスピリチュアル日記です。
by mamemai
LINKS

☆エキサイト以外のリンク
mina-cle
日々是平凡なり
サンフランシスコ生活
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


もう人助けはやめた


先週から今週にかけて起こった出来事から、私は「もう『人助け』はやめよう」と思いました。

これはどういうことかというと、例えばこんなイメージです。

社会の窓が開いている人がいたとします。(昭和な表現方法・・・)

今までの私なら、まずは開いていることに気づかないふりをしてあげたり、さりげなくその人の社会の窓が他の人から見えないような位置に立ってあげたり、その人が自分の社会の窓に意識が向くように仕向けたりしていました。
あるいは、「社会の窓が開いてますよ」と言うが早いか、その人の社会の窓を私が閉めてあげるぐらいの人間でした。これが私の思う「人助け」像でした。


でも、そんなことは、もしかしたら私の余計なお世話で、当人はそんなこと別にどうでもいい、もしくは気づいていないんだから無事なんだ、と思ったからです。

なんとかして助けてあげなきゃ!なんていう、自分の勝手な思い込みで、あれやこれやと動き、ましてや閉めてあげようとするなんて、なんか違うと思いました。これは別に、人助けじゃない、当人のためだけならず、自分のためにもなっていないと思いました。

だから、これからの私は、こういう社会の窓の開いた人との付き合い方を変えてみようと思った訳です。


どう変えてみるかというと、まずは基本、ほっときます。

で、「私、なんかおかしいと思うんですけど、どう思います?」と聞かれたりした場合には、「しいていうなら、社会の窓が開いてることが気になりますけど」といった感じにします。

要するに、本人が何か聞いてきたり、助けを求めて来たら、助けます。
何も言われないのに、勝手に気を回して「この人は助けを求めてる!」なんつって、何も言われても、合図もされてもいないのに助けることはしません。なぜなら、助けて欲しいと思っていない可能性が高いからです。

本当に何か変化を求めている人は、自分からアクションする。私に助けを求めるかもしれないし、自分でちょぼちょぼ何かをし始めるかもしれない。だからわかります。

でも、それ以外の場合は、単なる「エネルギーの自己発散(簡単にいうと、愚痴とか)」に過ぎず、どうにかしたいと思っているわけではないのだと発見したのです。なので、愚痴を聞いてくれる人間は必要だが、実質的なヘルプはお呼びでないということが多いということがなんとなくわかってきました。

今までは、しゃしゃり出ていって、頼まれてもいないことをやって、「みんなが望んでいることを代わりにやってあげているのに、あれ?どうしてみんな不思議そうな顔して私を見ているんだろう」なんて思っていましたけど、それはわからないみんながおかしいのではなく、私の勘違いでした。

ということで、来週からは、余計な人助けはやめて、自分のやりたいことに集中しようと思ったのでした。
[PR]

by mamemai | 2009-06-27 13:19 | もわわん

密会


またヒーリングの実習にお邪魔してきました。
今回は、フェイシャルリフレクソロジーの学校の先輩だという人も現れ、世界は狭いな〜、趣味が似ているな〜と感じたりしました。

南の島へ旅立ちたいな〜とか思いつつ実習に遊びにいったら、私のことをヒーリングしてくれた方が「ハートチャクラに南の島の画像があります」と言っておりました。お恥ずかしや。

で、この日はヒーリングの練習目当てというより、トモダチのSチンとの密会の約束があったので行ったのです。

先日「ワークショップやろっかな〜」と思い立ったとき、「でも一人じゃ心細い」と思い、一緒にやって欲しいと思い浮かんだのが、Sチンでした。

Sチンは誘ったけど乗り気じゃなく、「手伝いだけなら・・・」ということで話を聞いてくれました。

どんなワークショップにするか、あーだこーだ話す合間に、うわさ話や、近況報告などを交え、話があっちにいったりこっちにいったりしながらも、ワークショップのテーマもなんとなく決まり、ワークショップを開催する目標の日も決まり、その日までのスケジュールも決まり、来月また会うときまでの宿題も決まり・・・と、なにげに蟹座の新月の日を選んだだけあり(?)、話はまとまりました。

それこれも私のファシリテーションが良いからかな。(自画自賛)

それとも、Sチンが素直になんでも受け容れるタイプだからかな。

両方だろう。


6月が終わろうとしているせいか、いろいろとまた動き出してきた!忙しい!倒れないように気をつけなきゃ!

そういや、また奇遇なことに、「模様替えしたいな〜」と思って模様替えの買い物をしたら、星占いに「模様替えをすると良いでしょう」と書かれていた。見る前にちゃんとそのとおりに行動していて恐かった。けど、それでいいのだと安心した。

ふむふむ。
[PR]

by mamemai | 2009-06-24 22:51 | もわわん

現状を受け容れる



最近、、、徐々に骨身に染みてきたことがあります。

それは、「現状を受け容れる」、ということです。

ウブドへの旅で、同行者のイビキを受け容れたことがきっかけと言えば、きっかけですが、「現状を受け容れる」ということの意味が少しわかってきました。

mamemai語に訳すと、「現状をあきらめて覚悟する」ということです。

私はこれまで、「未来を自由に創る」、ということと、「現状を受け容れる」が、なんとなく相反するように感じていました。

といのは、例えば、「お金がない」という事実を認めてしまったらそれが自分の現実になってしまい、その状況に変化を起こせなくなる、と思っていたのです。現状を認めることが自分の望む未来を創る制限となると考えていたんです。

なので、よくある引き寄せ本に書いてあるように、「なくてもあるように振舞う」ということイコール、「ないと認めない」ということだと思っていたわけです。「あるんだ、あるんだ」と念仏のように唱えて思うようにしていたわけですね。

でも、そのやり方ではこれまであまり目覚しい結果を起こせていません。
「あるように振舞う」思い込みが弱いからなのかな?とか、潜在意識では「ないよ~」と思ってしまっているからかな?、などと悩んでいました。


ところが最近、

「未来を自由に創る」=「嫌な現実は認めない」 

ということではなく、

「未来を自由に創る」=「不可能なことはない」

なんじゃないかって改めて思ったんです。

「創る」ためには、土台、足場がしっかりしてないと、組み立てられない。
この「土台」「足場」となるのが「現在」なのじゃないかと。

しかし、「現在」というのは、あ!と思ったらもう過去になっていて、え?と思っているうちに、未来だったものが「現在」に来ていたりするわけで、刻々と変化しているんですね。


だから、スピリチュアル本などでよく言われていることですが、常に現在にいて、現在に対して全力で働きかけることが、つまり「自分のお好みの未来を創ること」、なのかな。と。

例えば、「今はお金がない」というのを認めて、現状はそれしかないとあきらめ、よし、じゃあ、もっと増やそうじゃないか、と覚悟を決めて、早速何か動き始める、ということがお好みの未来を創るということにつながるのかな~と思ったわけです。

その「お好みの未来を創る」時に、「とはいっても、絶対ムリ」とか思って何もしなかったり、「せいぜいこの程度しか・・・」などと小さな範囲で考えていたりすることが、思ったものを引き寄せない原因なのかな~と思いました。

「今はお金がない。だけど、どうとでもできる!」と思えるマインドこそが、何ものにも縛られない魂の勢いと、望む未来を生み出す力を発揮できるのかなと。

などと最近考えています。(何も考えないっていったばかりなのに・・・)
[PR]

by mamemai | 2009-06-18 16:49 | もわわん

野生の勘


バリに行ってホゲった体験をした後から、「何も考えない」ということの大切を痛感しました。

「考えること」=趣味 

・・・だった私なわけで、年がら年中あーじゃこーじゃ何かについて考えていた訳です。ハッキリ言って中毒です。考えると、何かが脳内で分泌されて気持ちよかったんでしょうね。癖になっていました。

今年頭にコーチングのワークショップに出たときに、何かのペアワークで私が「いっそ考えるのやめちゃおうかな〜。アハハ」と冗談言ったら、「今すごくエネルギーが良くなりましたよ!今日はどうぞ考えるのを止めて1日過ごしてください。」と宿題を出されました。そのとき、「考えないなんて・・・できない!」と思い、考えないでいることに不安というか、考えないで何かが起きちゃったらどう対処したらいいんだろうとか、とにかくその時点でもはやいろいろ考えないことについて考え始めていて、「考えない」という宿題は未達に終わりました。


でも、「考えない」と、脳がヒマになるので、考えるために使うエネルギーを体内のもっと基本的なこと、たとえば新陳代謝とか細胞の再生とかにどんどん回すことができ、よって、お肌がプリプリになり、髪もつやつやになったのではないかと思いました。

禅とか、ヨガとか、最近ではみんな瞑想瞑想と特集されていたりしますが、瞑想は頭の中に起こるいろいろな雑念を取り除くために行う、などと言われており、つまり考えるのを止めるためにするものでしょう。

私も既に瞑想歴・・・3年くらい?4年くらい?それくらいになりますが、私の瞑想は・・・間違っていた!
というか、私の今までの瞑想は「ゆっくり腹を据えて考える」ために瞑想してました。ハイ。

ま、いわゆる、そういう「雑念」を取り除く一環として、ブツブツ考えたり、手放したりしていたわけですが、もっとシンプルに「やーめぴ」として、頭の中心に空洞をつくるやり方を、バリ以後に体得しました。

ぽかっと穴があいたように、頭の中心に意識を持っていけば、まさに「何も考えない状態」にすぐなれるようになりました。

何も考えないことにおける美容効果については既に書きましたが、その他にも良かったこととして、勘が冴えた、ということがあります。

これぞ、野生の勘だな。と最近では思っています。
大脳新皮質の働きをお休みさせて、大脳旧皮質の働きに素直に従っているという・・・。野生じゃ!野生!

最近ではほとんどの時間を野生化して過ごしているので、いろいろなことがよく見えるようになってきました。これは透視しているのか、透視と関係なく、野性的に感じているのかわかりませんが、遠くの誰かが今私を呼んでいる・・・とか、そういうことまでなんとなく感じるようになってきました。

だけど、感じても、そこで急に「考え」が働きだして、「んなわけないか」などと処理してしまう癖は、まだ抜けきっていません。今は最後までできるだけ野生で通すことを心がけています。野生で通す・・・っていうのは、スピリチュアル風にいうと、マインドに邪魔されないようにする、ってことです。ガウガウ噛み付くってことではありません。


何事もバランスが大事ですが、もともとマインド(大脳新皮質)に偏りすぎの昨今ですから、自分の野性的な面を大事にするくらいでいいのかな、と思います。
[PR]

by mamemai | 2009-06-14 19:16 | もわわん

2009年後半の計画


ふぃ~。

よーやく、ヌメロロジーコーススタートできました~!パチパチパチ!

実現実現。よかったよかった。
ヌメロロジーはほんと参考になりますから、一生に一度見てもらっておくといいですよ。何度も見てもらうものじゃないので。(たぶん・・・)


ヌメロは今年一発目の企画&実現でしたが、もう1個くらいやってみようかな~と思っています。

私の計画では~ぁ、

今年中にはフェイシャルリフレクのディプロマを取得できる予定なので~、サロンでもスタートするっていうのが1つ。そして、さらにもう1つやりたいことが・・・。

それは・・・じゃじゃーん!「ワークショップ」

なんのワークショップかも、そもそも「ワークショップ」なのかも未定ですが、ちょっと企画してみようと思い、ヒーラー仲間と集う予定です。

なんらかのエネルギーワーク的なワークショップができたらいいな~と思っています。一応いろいろできるんで。私。12月頃目標。

先週末にTVで「千と千尋の神隠し」を見ました。DVDでも持っていますが、また見ちゃいました。

「ここで働かせてください!」って切実~。今回はこの「仕事のないものはこの世界にはいられない」っていうところが、キタな。ちなみにいつもは、千尋とハクがお別れするところでしたけど。(ベタやな)


「千と千尋・・・」のおかげでとにかく一生懸命今やれることをやろう!そんな気分に最近なってきています。
あんまりスタイルにこだわらずに。

こういった、「楽に、楽しく、生きる」ということに触れられるワークショップにできたらな~などと模索しています。

随時経過をご報告しますね。
[PR]

by mamemai | 2009-06-09 14:37 | もわわん