花と私とエネルギー


私が感じたことをメモ書きするスピリチュアル日記です。
by mamemai
LINKS

☆エキサイト以外のリンク
mina-cle
日々是平凡なり
サンフランシスコ生活
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


女性性に確かな変化が・・・


私、といえば女性性がテーマの女性ですが(^^;)、女性エネルギー活性化のため昨年からフラを始めたり、リバランシングを受けたり(こちらは結果論ですが)、と日夜女性性をきちんと自分のものにするためにそれなりに励んでいたわけなんです。

去年の10月ごろに、思い立ってセドナに行き、満月のスウェットロッジでおそらく何かが浄化されたあとから、リバランシングを経て、少しずつ私の中の女性性に変化が訪れているような気がします。

・・・というのは、

①ツメをきれいにお手入れし始めた
②髪の毛のつやを気にし始めた
③お菓子を作り始めた
④むしょうに刺繍がしたくて仕方がない
⑤手作りキャンドルや石鹸を作る予定だ

など、ほんの半年前の私では「めんどくさ~。ていうか、絶対やらないね」と言っていたようなことを始めたり、始めようとしているのです!(ビックリ)

思い起こせば1年ちょい前、編み物やアクセサリーづくりが趣味の友人に「私絶対できないそんなこと!チマチマしたことできないんだよね!」とキッパリ言った自分を思い出す。・・・ハズカシイっ!チマチマしたことやりたいっ!ユザワヤ行きたいっ!

自分の変わりようにほんとビックリです。ま、女性性だけじゃなく、クリエイティビティの制限がとれてきたっていうのもあるでしょうけれど・・・。

そして今、もう一段階女性性のステップアップが求められているような流れがどうやら来ているよう・・・。これまでは何かをやってみたりする楽しい方面でしたが、何かこう・・・自分の見たくない女性的な面がフツフツと湧き出てきて・・・。悶えてます。

この段階を超えれば、ティモテ~ティモテ~ティモテ~♪みたいなつやつやサラサラヘアーの美しき女性(⇒これが女性のイメージなのか?)になってしまうかもしれないっ!

・・・ティモテ、って知ってますよね?シャンプーのCMの歌を歌ってみたんですけど・・・。
今で言うと、SALAみたいな感じ?

オッサンと言われた私だけど、どうやら「女」になってきてるんじゃないの??エッヘン!
[PR]

by mamemai | 2008-02-28 14:48 | スピリチュアルな考え事

踊り方で自分の生き方がわかる

ぜんぜん関係ないけど、こっちのブログには迷惑エロコメントが一切入らないのに、サロンのブログのほうには頻繁に入るのはなぜだろう~♪不思議。

さて、昨日はフラのレッスンでした。いつも行っているクラスとは別のクラスでしたが、振り替えで1レッスン受けなくてはいけなかったので(受けなくてもいいけどせっかくなので)、行ってきました。

いつものクラスは、聖子先生自身が教えてくれるスパルタ(?)クラスですが、火曜日のクラスはもう少しやんわりムードのほのぼのクラスです。

火曜日のインストラクターのラッコ先生(ニックネーム)は、ロルフィングという筋膜マッサージを行っている方で、どちらかというと癒し系、スピリチュアルよりの方のように思います。
ロルフィングは、先日私が受けたリバランシングの母体となっているものです。


休憩時間にフラについてラッコ先生がいろいろ語ってくれたのですが、ラッコ先生曰く、「踊り方を見れば、生き方がわかる」とのこと。これは何気に聖子先生からも聞いたことがありましたが、ラッコ先生曰く、例えば、踊りで最後のツメが甘い人は人生でも最後のツメが甘い、とかそういう感じで、その人の生き方が踊りにハッキリ出てしまっているということでした。ただ踊りを習っているつもりだったのが、生き方まで見られているなんて・・・ハズカシイッ!などと思いつつ、我が身を振り返ってみました。

自分で認識できる範囲で自分自身の踊りを評価すると・・・

・全体的な雰囲気を重視
・細かい動きより流れを重視
・次、次とやや踊りが走り気味で余韻がない
・ちょっぴり恥ずかしいので大胆さにかける
・そのくせ、何気に自分は結構うまいと思っている

といった感じです。
・・・確かに、日常生活でもこんな感じだ!きゃ~、こわいっ!

でも大丈夫。ラッコ先生がさらに言うには、「つまり、踊りにおいて最後のツメまでちゃんとできるようにすれば、生き方にもそれが反映されるのよ!」ということなので、上記の気になる点をちょっとずつ改善していけば、自ずと日常生活でも活かされるに違いない!むむーん!がんばろ~っっと。

この話は主にフラをベースにしていた話だけど、考えてみると、踊りだけじゃなくて、どんなシーンにおいてもやっぱり生き方って出ちゃってる・・・と思いました。
お料理してても、お買い物してても、たぶんブログでも・・・。

みなさんもちょっとワンシーンに区切って自分の行動を振り返ってみると、意外と自分の生き方全体が反映されているのがわかるかもしれませんよ。
「As above, so below(上の如く 下も然り)」ですね。
[PR]

by mamemai | 2008-02-27 14:17 | もわわん

今日はなんだかイライラモード


今日は朝から、自分の中に消化されずに残っていた怒りのエネルギーが沸々と・・・沸々どころじゃなくドドーっと出てきていて、そのせいで、ものすっごいイライラしています。
イライラを通り越して、すれ違う人にさえ腹が立つくらいです。

困ったねぇ~などと思いながら、それらを地味に解消し続けているのですが、友人とランチに行ったおり、「今日はなんだかムショーに腹が立つ」と言ったら、「私も!」とその友人もそうだというのです。

「寒いだけでも腹が立って仕方ない」という友人のその気持ちがよくわかり、二人で
「腹立ちまんな~。うふふふふ~。」と腹が立つものの、ちょっぴりおもしろくも感じました。

もしかしたら、今日イライラしちゃっているのは、私と友人だけではないのでは?
なんらかの占星術的な影響を受けているから、とか、地球のエネルギーが少し変化しているからとか、この古い怒りのエネルギーが表面化しちゃうのにも理由があるのかもしれませんねぇ。

これを良い機に・・・と、古い怒りを解消できるだけしちゃおうと思います。
[PR]

by mamemai | 2008-02-25 13:28 | もわわん

果報は寝て待て



本日ラッキーなことが2つ訪れた。
1つは、買おうと思ってた「SANDII’S LOVE2 PACIFIC」というCDを借りることができたこと。

もう1つは、もうちょっと安いのやんないのかな~、12,000円くらいの・・・と思っていた小澤征爾指揮のコンサートが実際に売り出されているのを見つけたこと。




サンディーのCDは、既に持っているサンディーの古典フラのDVD「サンディーズ・ビューティフル・フラ 愛するフラエンジェル達へ カヒコメイン」に入っている「波」という曲が入っているのでずっと欲しかったんです。その他にも「真夏の果実」とか「BlueHawaii」などいろいろ有名な曲も入っているのですが、私がゲッツしたかったのは「波」だけだったため、「1曲のために買うのもな~」といつも買い物かごに入れても、決定ボタンは押せずにいました。
毎回毎回「次にしよう」「もう少し待とう」「サンディーは逃げないよ」などとなんだかんだ言って買いませんでした。

そんなある日、サンディーのフラのハラウに通っているという人と知り合いました。ハラウに行っていてもサンディーファンであるとは限りませんが、なんとなく「持ってるかも!」と思って思い切って聞いてみると、持っているとのこと!早速貸していただきました。ラッキー♪買わないでよかった~。

世界の小澤のコンサートも、実は今年既に売り出されているオペラのチケットがあって、ずっと買おうかどうか迷っていました。「世界の小澤は一度くらい聞いてみたいよね」と思い、この機会を逃したら次いつ小澤が日本で指揮するかわかんないよ!といつも買い物かごまで行きますが、2万越えの金額と、聞きたいのはどちらかというとオーケストラでオペラは別に・・・って感じだったので、決定ボタンを押せませんでした。
まさにモジモジ悩んでいました。

「12,000円くらいで、演奏だけのコンサートないのかねぇ・・・」と思ってモジモジしていたら、どうやら5月にやるようです!S席でも14,000円!おお!なんとお得なのでしょう!よかった。オペラの方買わないで・・・。

物事には適切な時期がある。
時期を待てば、よりお得だったり、より自分の望むようなものを手に入れることができるのだなぁ・・・となんとなく感じました。
私の場合、「焦り」がいろいろなことを余計めんどくさくしているような気がしていたので、この「お願いして、あとは天にお任せで手放しで待つ!」ことを益々学ばねばなぁと思った今日でした。


■タロットエネルギーリーディングコース始めました!詳しくはこちらへどうぞ♪
[PR]

by mamemai | 2008-02-20 11:51 | スピリチュアルな考え事

こわ~いタロット


今年になってから、アレイスタークロウリーのTHOTH TAROT DECKを購入しました。

このタロットは、魔術っぽいとか、カードの絵が象徴的すぎて普通のタロットと異なるため解釈するのが素人では難しいなど、いろいろ言われていますが、なんかムショ~に惹かれたのでゲッツしました。

ゲッツしてから、なるべく毎日引くようにしているのですが・・・ん~、わからん。わからん上に、イチイチ絵がオドロオドロしくて凹む。オドロオドロしい絵のカードばっかり引いちゃってるという説もある。

解釈の手助けになるようにと、一緒に解釈しやすい別のカードも引いてみているのだが、見比べてみると、どうも普通のカードと別の角度から見てるっぽいような・・・。
一般的なカードの一般的な解釈ではない視点から物事を見たときを表現しているようにも見えなくもない。

このカードからのインスピレーションをより受けやすくするためには、相当な自己改革というか、思い込みや思考を取り払うことが要求されるような気もしないでもない。
ん~わからん。

でも、なんとな~く距離感は縮まってきているような気もするので、もうしばらく調整してみようと思います。

ところで、このカードの背中側はクロスの絵になっていてかわいくて結構気に入っていたのですが、このクロス、薔薇十字団のクロスみたいなんですけど・・・。先日読んでいた錬金術の本の中で紹介されていた薔薇十字団のマークとほぼ同じでした。知ったのは購入して使い始めてからだったのでびっくりしました。・・・薔薇十字団だった過去もあるのかしら。
関係あったらヤダな。・・・と、思うときは大体関係あるな・・・。団員(?)じゃなかったにせよ。

・・・ま、いっか。現在では関係ない関係ない。しかしクロウリーって人はほんとマニアだったんでしょうね~。よく知らないけど。
[PR]

by mamemai | 2008-02-15 16:09 | もわわん

意外とまじめな私


私のことを良くご存知の方は、別に意外じゃない!と思うかもしれませんが、私はクソがつくほど真面目です。

また、律儀でもあります。

曲がったことは許せねぇ、困っているやつはほってはおけねぇ、という江戸っ子気質みたいなところもあります。

自分が真面目であることはよく自覚していたつもりでしたが、先日、「え!みんなそうなんだ!」と思わされたことがあり、またもや自分の真面目さに気づいてしまいました。

それは、オーラソーマのセッションでのことでした。
以前に普通は2番目に選んだボトルとワークするところが、私の場合は1番目に選んだボトルとワークすることになったと書いたと思いますが、それはファシリテーターによると私が非常にパワフルであるため、いきなり第1ボトルにしても変化についていけるだろうから、ということでした。

普通は、一番現在の自分に近いエネルギーのボトルから始めないと、つらくなって逆に停滞してしまうかもしれないのでそういった感じで始めるそうです。

「そうですかね~。大丈夫ですかね~。」と私が言っていると、「だって、mamemaiさん、物足りないって思うでしょ?このボトル(2番め)より、他のボトルの方が気になるでしょ?」というようなことを言われ、まあ、確かにマゾっぽいところもあるし、よりハードなものを求めちゃうのよね、と思い当たるところありました。

そのときさらにファシリテーターが「ご自分でフラワーエッセンスを選ぶときも、何本も一度に飲んでも大丈夫な方でしょ?」と言ってきました。・・・何本も?どゆこと?
と思っていると、なんでもそのファシリテーターもそうらしいのですが、簡単にいうと、気になるやつ全部入れて飲んじゃうみたいな感じなのだそうです。

え~。私そんなことしてないっ!

と思ったのですが、それは変化に対応できるどうこうよりも、マウントフジは7本まで、バッチは6本までなどなど、MAX本数が決められているので、それよりはみ出した本数で飲むなんていう発想が全くなかったのでした。

私って簡単に制限をつけられやすいタイプ。。。

まあ、確かに誰かに選ぶときにそれではNGだけど、自分で自分のために選ぶ分には、何本になったって別にいいっちゃーいいよねぇ。

そんな飲み方してるんだぁ・・・。と、なんだか「自由」を見せられたような気がして、つくづく感心したというか、目からウロコでした。

私のように、何かとすぐに制限をつけられやすいタイプの人、気をつけましょう・・・。
[PR]

by mamemai | 2008-02-14 17:19 | もわわん

スピリチュアルエンパワーメント


先日ふと閃いたことがあり、またもやこの3連休で人体実験をしていました。
それは自分のパワーを強くするためのあるやり方なのですが、やってみたところ結果よくわかりませんでした。

1回の実験では、なんともわかりにくい。
もう少し断続的に実験してみて、どうなのか(強くなっているのか)を試してみたいと思いました。

パワーが強くなると、どんな良いことがあるのか。
私はこう思います。

1:疲れ知らず
2:重々しい感じがなくなる
3:なんだか楽しい/うれしい
4:グラウンディングしやすくなる
5:現在にいやすくなる
6:ハイアーセルフとつながりやすくなる
7:オーラが輝きをます
8:自分のエネルギーが自分のところに全部集まってくる
9:ということはつまり、望みが実現しやすくなる


で、このうちどれが実際に起こったかというと、どれも起こったような起こらないような・・・みたいな感じなわけです。

自分でエネルギーを見てみたんですけど、なんともどっちとも・・・みたいな感じでたぶん不完全なんだと思います。惜しい!カードでもどうだったか見てみたんですけれど、根本的にはいいみたいだけど、表面的にはむしろ良くない風に見える・・・っていう・・・。

くじけない!がんばる!

ま、なんらかの変化が起こった兆しとしては、私に口内炎ができたこと。
私はエネルギーに急激な変化が起こる(レイキ伝授を受けたときとか、フラワーエッセンスを単品で飲んだときとか)と口内炎ができるので、もしかしたらそれで今回もできたのかもしれません。か、もしくは、単なる栄養の偏りかもしれませんけど・・・。

しばらくしてから再度試してみたいと思います。
[PR]

by mamemai | 2008-02-12 14:07 | スピリチュアルな考え事

魔女の必需品


今年は魔女になる年か・・・などと思いつつ、この連休に最近探し求めていたものを見つけることができましたっ!


f0017070_0492314.jpg←これ!これは何かと言いますと、すり鉢です。すり鉢というと、茶色の鉢で中がギザギザになっていて・・・というものがおなじみですが、それなら実は家にもあります。なぜそれではダメかというと、ハーブやスパイスをゴリゴリやる場合、あのすり鉢のギザギザの間に入ってしまって細かく砕けないということがあるらしいからです。(やってみた訳ではない)

で、一般的には、理科の実験などで使う乳鉢をハーブをすりつぶすのには使うらしく、私も乳鉢を買おうと生活の木に行ったりしたのですが、直径9cmのサイズのものしかなく、他にもないのかなぁと表参道をウロチョロしていたわけです。
直径9cmは一般的なハーブ用の乳鉢のようですが、実際にみたら少し小さめのような気がして、もう少し大きいものを探していました。

連休ということもあり、表参道の表通りはものすっごい混んでいたので、裏通りをウロチョロしていたら、セレブキッチン雑貨のお店にひょっこり出くわし、そこにこのすり鉢があったわけです。このすり鉢はギザギザになっていなくて、なかはザラザラ仕上げになっていて、乳鉢のような感じです。乳鉢と何が違うかといえば、すりこぎが木か陶器かといった所だと思います。その店には乳鉢も売っていたのですが、悩んだあげく、ビジュアル重視でポルトガル製のこのすり鉢をゲットしました。

先日届いたクォンタムヒーリングコースの確認書に目を通していたら、特別な持ち物というところに「すり鉢」とありました。おそらくハーブをするんだろうと思いますが、私はこのご自慢のすり鉢を持参しようと早くもウキウキ気分です。


f0017070_0573963.jpgついでに手に入れたこのスプーン。ナツメの木から切り出したもの。通常12,000円だったようですが、なんとセールで1,300円でしたのでゲットしてみました。この木のスプーンもハーブを混ぜるのに使おうと思っています。

水牛の角?でできた小さじスプーンもゲッツしました。これは小さじすぎてあんまり使い道なさそうですが、いつか何かに使えそう(ほんとか?)な気がしたので買っちゃいました。

いいものが見つかった表参道裏通りでした。
[PR]

by mamemai | 2008-02-12 01:04 | もわわん

思考から実践へ


自分のエネルギーが、いろいろと瞑想したり、考えたりしている段階から、具体的な行動や物質化、現実化していく方向に変わってきていると、最近私は感じています。
実際の行動が求められている!と感じつつ、なんとも腰が重いレイジー状態が続いているので久々にフラワーエッセンスを選んでみました。今年初です。
思考から実践への変化について


選んだテーマは、「考えていることを行動へ移す」です。

●マウントフジより
ハルジオン
マツヨイグサ
タチツボスミレ
シャクナゲ(ペイルピンク)

●フィンドホーンより
ヘーゼル
エンシェントユー

●バッチより
クラブアップル


以上の7本で今回は作りました。

「今回は作りました」と書くと皆さんどんな想像をするのかなぁといつも思っていました。エッセンスの選び方は人それぞれ異なると思うのですが、私の場合は意味から必要なものを選ぶのではなく、エネルギーワーク的な選び方をしているので最後までラベルを見ていません。手に感じるエネルギーや自分のオーラの反応で選んでいっています。

なので、最後7本選び終わって、カードをひっくり返すようにどのエッセンスが選ばれたかを見ていきます。

こういう選び方であるからこそ?、あるにも関わらず?、今回も似たようなものばかりが選ばれていて大変興味深かったです。

ハルジオンは、新しい次元での自立を表すエッセンスで、霊的に得たものを現実世界で活用していく助けをしてくれます。本来の霊的目的を思い出し、宇宙とつながりながら、夢や目的を現実化していく助けをしてくれます。

タチツボスミレ(たぶん初めて選ばれた)は、自分の内側で得た発見や知恵をはずかしがらずに人々と分かち合っていくことを助けてくれ、またそういうときに傷つかないように保護してくれる役目もあります。

シャクナゲのペイルピンクは、慈愛に関するエッセンスで、高次の愛でハートを満たしてくれるというのが印象的な意味なのですが、他にもあって、相手に無理強いしたり、自分のやり方に従わせようというような気持ちを取り去り、ありのままを受け容れられるように助けてくれるのです。ま、これも慈愛といえば慈愛の質ですね。

また、ヘーゼルは自分の目標を達成するために妨げとなっている制限や過去への執着等を取り除き、やる気を持続させて、実際に行動し、目標達成を助けてくれます。
エンシェントユーは新しいエッセンスですが、ヘーゼルの一段階上、といった感じで、自分の魂が持つ本来の目的を知り、それを行うことを助ける、といったものです。もちろんそのための妨げとなっているものを知り、捨てることを手伝ってくれます。

マツヨイグサはよく選ばれる「愛と女性性」という質のエッセンスで、女性であることを赦し、女性エネルギーを流すことを赦すことと関係しています。また、愛とも関係しており、幼児期の体験等で愛を受け取ったり表現することが苦手な人がスムーズに与えたり受け取ったりすることを助けてくれます。

クラブアップルは、精妙なエネルギー体だけでなく、肉体にも働きかけるといわれる浄化のエッセンス。残ったカスみたいなのを洗い流して、次の段階へ移るのをスムーズにしてくれます。


エッセンスのブランドを隔て、似たようなものが選ばれてますねぇ。
自己分析すると、ハルジオン、タチツボスミレ、ヘーゼル、エンシェントユーは同じような感じでまさにテーマのとおりって感じですよね。それをよりきめ細やかにいろいろな角度からサポートするためにいろいろ選ばれたって感じです。

また、シャクナゲやマツヨイグサは、愛と無条件に受け容れること、という感じで、完璧主義者のコントローラーである私には、上の花たちがサポートする行動化を行う上でも、サイドから良いサポートをしてくれていると思います。

クラブアップルも、とはいえなんだかスッキリしきらない部分があるので、そういうものをちょいちょいクリアにしていってくれるのかなぁと思いました。

早速飲んでみると、なんだかちょっと胸がきゅーんとくるような切ないエネルギーが放出しましたので、自分でエネルギーリーディングしてみると過去の悲しい体験がオーラの中で浮かび上がってきているようでした。早速取り除き少しよくなりました。
自分でエネルギーが見れたりヒーリングできると便利ですね。

じゃあ、自分でエネルギー見れなかったらどうなるの?!と思うかもしれませんが、オーラの中に特定のエネルギーが反応して浮き上がっていると、そのエネルギーに引き寄せられて似たような現象が起こってきたり、そのことを思い出したりすることがありますので、そうやって自分にどんなパターンがあるのか気づくかもしれません。さらにいえば、飲んでるうちに気づかなくても解消される場合があります。エッセンスのエネルギーが調整してくれるわけですから。

しばらくこの「行動化エッセンス」を飲んでみます。少しはお尻が軽くなるかしら?
[PR]

by mamemai | 2008-02-04 14:47 | フラワーエッセンス

コントロールを解き放つ


このところ象徴的に私に起こってきていること。
それは、「自分が絶対に正しいと思わないで!」ということ。

だいぶほどよくなってきたとはいうものの、私は完璧主義者の完全独裁タイプなので、自分が誰よりも物事に気がついていて、自分の思うとおりに事は進んでいく、否、進めていくのだという気持ちがあるようでした。バッチでいうと、ビーチとバーベインってとこかなぁ。

自分が誰よりもわかっている・・・ということが、「違うんだよ、おめぇわかってねぇ」というメッセージとして、日常的なささやか~なことで最近何回か起こってきています。
たとえばどれくらいささやか~なことかというと、女性専用車両に男性が1名乗っていて、「え?女性専用車両なのに!見ればわかるでしょ!まったくしっかりしてよ!」と心の中で思ってチラチラその人を見ていたが、その日は急遽女性専用車両は中止になっていたらしく・・・。気づいていないのは私のほうでした。
その他にも、同様のプチ事象が1日1~2件のペースで起こっており、昨日あたりからようやく、「同じようなことが繰り返し起きている!」ということがわかってきたのでした。。。


この「自分が正しい」を覆す出来事が起こるちょっと前から、私は自分の完全独裁型について、つまりすべてを自分の思うとおりにコントロールしようとしていることについて、しばらくワークしていました。でもなかなかスッキリいかず、引き続きブツブツとワークしていところ、この出来事が起こってきたのです。

「恐れ」がこのコントロールに関する重要なファクターだと思っていましたが、自分が絶対的に正しいと思っている部分があるということもコントロールにもつながっているのかなぁと、少しこちらの「完全独裁型」にも変化が訪れた兆しです。

この世界は自分が創りだしている世界であると、先日書きましたが、おそらくそれはそうなのだろうと今でも思います。ですからスピリチュアルな世界では、引き寄せの法則や望むままに生きるやり方が成立するのかなとも思います。
でも、「自分が望むまま」、ということはどういうことでしょうか。
「大いなる流れに身を任せること」と、「自分の望むようなものを手に入れること」とは矛盾しないのかしら?と私は思っていました。

ここで先へ進むヒントとなったのは、「自分」というものの捉え方でした。自分を単なる個と捉えるか、大きな個、つまり全体と捉えるかによって、「自分」の望むものというものが大いなる流れと同じになるということです。
「魂が生まれながらにして持っている望み」、というのがあるとよく言われますが、結局この「魂の望み」は、意識的に私が考える「自分」の望みともつながっていると思います。究極的な自分の望みは、全体であり部分である「自分」が持っているある種の「質」から生まれているものであるから、「自分」の中においては、結局その質以外の望みは生まれてこないのだと思いました。つまり、自分の真なる望みは大いなる流れと同じだということです。たとえば、簡単にいうと、私はパイロットになれる権利は持っているけれど、パイロットになりたいとはもともと思わないタイプ、ということです。単純すぎてわかりずらいかな。

。。。この内容、前に自由意志のことを書いたときと同じこと書いてますよね。繰り返してるよ~(T_T)


数秘術の誕生数が9である私の課題は、大いなる流れを信じ、完全に身を任せることです。

完璧主義とコントロールを解消していくことにより、この課題にもますます近づけそうです。
[PR]

by mamemai | 2008-02-01 11:17 | スピリチュアルな考え事