花と私とエネルギー


私が感じたことをメモ書きするスピリチュアル日記です。
by mamemai
LINKS

☆エキサイト以外のリンク
mina-cle
日々是平凡なり
サンフランシスコ生活
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


それは魔女かシャーマンか


クリアサイトでは、今年の7月にいよいよクォンタムヒーリングの講座がある。
クォンタムはクリアサイトで教えているヒーリングの最終段階。(かな?)

私はラッキーにも、ベーシックコース(?)が終了するとすぐに、アドバンスコースが開催され、まんまと入れたため今は一応上級ヒーラー。
この上級ヒーラーを対象として行われるのがクォンタムというわけだ。
クリアサイトももう始まって結構長くなると思うけど、クォンタムは今回で2回目ということで、レア!激レア講座っ!

当然私も参加するつもりで、2月の申し込みに備えていたが、このほど、メールでの限定先行予約というものがあって、まんまとそれで申し込みを完了できた。やったね♪

限定で申し込んだのは、みんな私と同期の人だったというけれど、誰かしら?奇遇だな〜。

クォンタムともなると内容が結構、魔女化、もしくはシャーマン化している・・・。
「ヒーリングのための魔法・呪文」って何〜っ!きゃ〜っ!きゃ〜っ!
これを問題なく卒業できたら、私どうなっちゃうんでしょう??

た・の・し・みっ♪
無事卒業できるように、心身エネルギーともに今から備えようっと。
[PR]

by mamemai | 2008-01-25 23:00 | もわわん

不可能を可能にする


昨日はオーラの学校だったのだけれど、内容が直前に書いた「思ったことを現実化」することに関するものだったからシンクロだったな~。というか、やっぱり先生エネルギー見て話してるんだなぁ…。つくづく思った。
内容的には私が書いていたことと同じようなことを言ってたからわかりやすかった。

でも、そんな中また先生の話を聞いていて気づいたことがあった。
それは人間関係についてのこと。

私は、自分に関することについては前述のブログに書いたように大体実現可能なことはわかっていた。でも「誰か」、つまり自分ではない人間についてのことは、自分の思うとおりにはできないのではないか、と思っている部分があった。

たとえば、誰かの考え方や、誰かの態度とか、誰かと私の関係とか。。。
自分については変えられるから、自分の捉え方は変わるけど、結局相手自身は変えられないので、簡単にいうと、自分が寛容になることで関係性が変わる的なことまでしかできないんだな~と心の中で決め付けていた。

でも、よくよく考えれば、すべてがエネルギーなら、不可能はないっ!
誰かとの関係性とか、そういうことも変えられるのだ。

ま…、関係性やカルマについてのテクニックも当然習っていたわけだが、私の心のどこかに「できないだろう」っていう考えがあったのでうまくいかなかったんだな!と思った。

ということで、また実践して実験してみたいと思う。
[PR]

by mamemai | 2008-01-21 10:52 | エネルギーワーク

思ったことを現実化するには?


今日ランチをしていた友人の話では、その友人が先日トランプの4枚のエースを使ってちょっとした一人ゲームをしたときのこと…。
クローバーのカードをとろう!と思って、裏返しのカードを引くとまんまとクローバーのエースが出たので、再度カードをきってまた引くとまたクローバー、またクローバー、またクローバー…とずっとクローバーばっかり引いてしまって気持ち悪かった、という話だった。

潜在意識の力ってすごいね~、などと話していたんだけど、こういう損得のないゲームだとうまくいくのに、実生活ではなぜうまくいかないのか、という話に展開。
少しでも金が絡んでくると、体中に気合がみなぎってしまって、リラックス感がなくなってしまうからではないかということに。

う~んそうねぇ、確かに実生活になると「今欲しい今欲しい!」という焦りとかメラメラとした欲望が沸いて来て邪魔しているのかもしれない。

あんまり気にしてない方が実現しやすいって別の友人も言っていたっけ。
確かに、「どっちでもええ」ぐらいに思っていると最近はわりとすぐに実現するようになってきた。昔は、思ってから実現までのスパンが長かったけど、最近じゃ本当に3ヶ月くらいに縮まってきてる。もっと早い場合もあるけど。
これ、前にも書いたっけかしら?


パラマハンサ・ヨガナンダの本を読んでいたときに、あるすごいヨギの話が書いてあったんだけど、そのすごいヨギを痛い目にあわせようとたくらんだ人がヨギに飲み物を渡すときにこっそり毒を入れたそう。ヨギは知らずに飲み干したけれど、何も起こらず、代わりに毒をもった人が苦しみだしたという。なぜかというと、そのヨギはすごいため、もはや因果の法則が早く働くので、ヨギが毒で苦しむのを通り越して、毒をもったほうに結果を及ぼしたという…。

読んだときはなんのこっちゃと思ったけど、なんとなくわかってきた。因果の法則もどんどん早くなっていけばそうなるよ。低次と高次のつながりがすごいってことでしょ?
(「すごい」ばっかりでボキャ貧ぶり炸裂)


とにかく、すんなりエネルギーを物質化するには、リラーックスした心の余裕が必要なようだ。がっつきNG!
[PR]

by mamemai | 2008-01-16 16:53 | スピリチュアルな考え事

花と話す!


ここに書いたかどうか忘れましたが、私の今年の目標の中に、「いろんなものとお話する」というものがあります。

花とか、木とか、虫とか、風とか、とにかく人間のほかにもいろいろ。

リバランシングのセッションを受けている間に、いろいろな発見があって、そんな中ふと、「花とかと話せるかもしれない」と思ったのでした。リバランシングの先生に、「私、花とかと話せるような気がするんですよね」と言ったら、「出た!シャーマン!」などと言われましたけど、笑い事じゃなく本当にそう思ったんです。

今まで人間以外とあんまりおしゃべりしたことのなかった私ですが、今年は実験的にいろいろなものとお話しよう!ということで、さしあたりお花とかで練習してみてます。
切花ですけど・・・。話せるんでしょうか。わかりません。でもやってみてます。

まだ慣れないので、どうやってお話したらよいかわからないので、あーだこーだいろいろ試してみているのですが、昨日ラナンキュラスとお話していて、ハッとしたのが、どうやら何か答えてくれているらしいが、何言ってるかわかんねぇ・・・ということでした。

何かが返ってきているんですが、「え?どゆこと?」という感じで花語全く理解できず。
花語が理解できるようになるまでには、もう少しいろいろなお花と話してみる必要がありそうです。そんな風に思っていたら今週の石井ゆかりさんの占いに、


「たくさんのコミュニケーションが生まれつつあります。
でも、生まれたてのものはなんでもそうですが
話すのがへたくそなのです。

これから起こることは、多分
「語学を学びに海外に行く」
というようなことではないと思います。
そうではなく
「この国のこの人と話したいから海外に行く」
というようなことだと思います。
その人にあって話をしてみて初めて
「言葉が通じないから話が伝わらない」
ことが解ります。
そして、言葉を学び、話を練り直してもう一度
その人に話しに行くことになります」




と書かれていて妙に納得。
別に花と話すことについて書いてあるわけじゃないと思いますが(笑)、ちょうどそんな現象が起こっていました。

そして、大事なことは、「通じるかどうかじゃなくて、話したいことがあるかどうか」ということ。

・・・花に対して言うのもなんですが(というのもなんですが)、もっとざっくばらんに話してもいいのかなとちょっと思ったりしました。

また今日もお話してみたいと思います。
[PR]

by mamemai | 2008-01-15 11:37 | もわわん

未成熟の怒り


「未成熟の怒り」

これは私が大学1年のときに、当時とっていた講義の先生から言われた言葉。
文化人類学の講義でしたが、私たちのグループの発表に対して先生が言った言葉だったと思います。

確か「あるヨギの自叙伝」だったかと思うけど、「無知は罪だ」的なことが書いてあったように記憶している。OSHOだったかな?ちょっとニュアンスは違うかもしれないけれど、無知がすべてを生み出す的なこと。

どちらの場合も聞いたり読んだりしたときはあまりよく意味がわからなかった。
でも、最近なんとなくこの意味がわかるときがある。

というのは、私がかつて疑問や不満にに思っていたことの根本は、いろいろなことを知らなかったために起こっていたように思うからだ。だから、今になると当時いろいろと怒りや憤りを感じていたことも、割とその原因が明らかになったりして解決してしまっていることが多い。

一般的な生活の知識に関してもそうだが、もちろん霊的ななことについてもこう言える。
とはいえ、怒るのがよくない、といういわけではないだろう。疑問から生まれる怒りが原動力となってここまで知ることができたのかもしれないのだから。
(こういうことも肝臓に溜まってて肝臓付近がうずくのかなぁ・・・)

だから、何にも知らなくてそれが故に怒ったって別にいい!だけど、そこから突き詰めていくことが大事なのかな(成熟していかなくちゃいけないからね)と思った。

終わりはなく、どんどん段階的にわかってくる部分があるから、そのたびにこの言葉を思い出しちゃう。
[PR]

by mamemai | 2008-01-10 14:05 | もわわん

新春に舞い降りた 新しい考え


大変遅いですが、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

確か2007年のはじめもこんな具合だったっけ。年明けはどうものんびりムードで、書きたいことはあるけれど、まとまらない~みたいな感じでこうなっちゃいます。

ここにきてようやくオーラの第3層あたりくらいまで情報が降りてきて(マニアック)、頭で段々内容がまとめられるようになってきました。

お正月、本当に何もすることがなかったので、寝たり食べたり瞑想したりを繰り返していました。ある日、瞑想していると、昨年末までなんだかもやもやしていたことに、ふと、新しい考えが生まれました。

ま、新しいと言っても、前から思っていたのがまとまった、もしくは、より理解が深まった的な感じですけれど。

このブログをいつも見てくださっているみなさんはいいかげんに聞き飽きたかもしれませんが、その新しい考えとは「すべては無だ!」ということです。

「無」というのはつまり、なんでもない、ということです。

「なんでもない」、というのは、人間も太陽も、もちろん地球も宇宙も、妖精も天使も何もかもその他すべてぜ~んぶ、実際には存在しない、ということを意味しています。

すべては、自分が創りだした現象であり幻想です。
夢みたいなものですね。

「自分が創りだした」というと、ちょっとエゴイスティックに聞こえるかもしれませんが、でも私は今のところそう思います。ですから、私の見ているこの世界は、私の中にしかある種存在しません。私がこの世界のオーナーです。ですから、自分が何をやろうと自由です。すべては基本的には「自分の思ったとおり」になります。
どうならなければいけないとか、きれいであるとか、きたないであるとか、光も闇もすべては存在しません。全部自分が創り上げた「現実」という設定です。本当はそんなものは、何もないんですね。何もしなくていいんです。何も求められていません。今生達成しなければいけないこともありません。

また、自分以外のすべての人やものなども、すべて自分が創りだしたものですから、ある種自分の一部なわけですね。そう考えると、すごい腹が立つ人であってもそれは自分なわけですから、とっても愛すべき存在に思えるわけです。

自分を愛することは世界を愛することになり、自分以外の何かを愛することは自分を愛することを意味しています。

世界が自分であり、自分が世界であるというこの考え、というか、そういう感覚で世界の中にただ在ることこそ「愛」と称されているものではないかと思いました。つまり、簡単にいうと、愛=自分、ということでしょうか。

でももっと言えば、「愛」するも「愛」さないも自由です。どっちでもいいんです。好きなようにすれば。愛さなくてもどうともなりませんし、愛したからといって究極的に何かが達成できるわけでもありません。


ではなんでこの地球に生きている、設定にしているのでしょうか。

使い古されたたとえですが、夢と同じです。
小栗旬が出てきたとても素敵な夢をもう一度みたい、と思って一度起きたのにまた寝るのと同じです。この「小栗旬との夢のような生活の続きを体験したい」というような部分が、この世界では「今生の目的」などと言われている部分なのだと思います。

でもこの「今生の目的」を達成できなかったとしても別にどうってことありません。「なんだぁ、望んだ夢見れなかったよ!」みたいなことでもう一回チャレンジするかもしれませんが、別にヘビーなカルマを持って輪廻の輪に入ってしまった、ということでもないのかなぁと思います。

とはいえ、せっかくそのために夢を見ているわけですから、小栗旬との生活の続きを見たほうが自分にとっては幸せを感じるし楽しいわけですね。だから、「魂が望んでいることをやりなさい」というのは、そういうことなんだと思いました。

かといって、「私の魂が望んでることっていったい何っ?」と躍起になって探し出そうとする必要もないと思います。何でも楽しめばいいんです。夢ですから嫌なことを無理矢理やる必要もありません。嫌な状態になっている自分を楽しめれば別ですが。そういうことを楽しむためにやってきているかもしれませんし(笑)。

この新春に舞い降りた「新しい考え」が、スピリチュアル道に入ってからずっと疑問に思っていた、

・なぜ自分や周りを愛せと言われるのか
・そもそも愛って何なのか
・今生の目的なんてものあるのか
・二元論
・創造性とリアリティ

などのことにひとつの答えをもたらしてくれました。


ということで、この考えを実証すべく私の今年の目標は、

「とりあえずやりたいことは何でもやってみる」

ということにしました。でっきる~かな♪でっきる~かな♪
[PR]

by mamemai | 2008-01-09 14:15 | スピリチュアルな考え事