花と私とエネルギー


私が感じたことをメモ書きするスピリチュアル日記です。
by mamemai
LINKS

☆エキサイト以外のリンク
mina-cle
日々是平凡なり
サンフランシスコ生活
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


聖なる予言 余談

そういえば、「聖なる予言」を薦められたとき、「これは(見えない力に)読めといわれているな」と感じた理由に、前述した河合隼男がこの本のコメントを書いていたというのもありました。(私が読んだのは文庫版ね)

これを「偶然の一致」というのかね。ハハ。
[PR]

by mamemai | 2006-04-25 19:16 | BOOKS

聖なる予言


大変遅ればせながら・・・読みました!「聖なる予言」

この本は、1996年の本みたいなので、今からもう10年くらい前の本なのか。この本との出会いはこりゃそれこそメッセージだった。というのは、ちょうどその前に読んでいた本河合隼男の「カウンセリングを語る(上)を読み終わり、次は、aromahealingさんが薦めてた、村上春樹の本でも読むかな・・・と思っていたところ、突然私の母が「あんたが言ってることが書いてある本見つけた」と図書館で借りてきた本を貸してくれた。

それが、この「聖なる予言」だった。
最初「ふ~ん」と思ったけど、「待てよ、このタイミングで本を薦められるということは、あきらかに読めってことだよなぁ。」と思いなおし、チョロリと読み始めてみた。

物語は前回読んだ神との対話とは異なり、アルケミストのような小説仕立てになっているが、内容はスピリチュアルワールドの重要事項についてわかりやすくまとめられているものだった。

私は神との対話より、こっちのほうが自分とぴったりマッチした。そして奇遇(とかないんだけど)なことに、この本を読み進むタイミングで同じようなことを体験することができた。

す・て・き☆
私は、不思議の国のアリスやアルケミストのような小説やファンタジーの方が、ドキュメント風より受け入れやすいし、理解しやすいんだな!そういう人にはこの聖なる予言は超オススメ。・・・というか私が出会うのが遅すぎ?!・・・ま、いっか。今の時期に読まなきゃここまで理解できなかったもんね。

笑っちゃうことに、アマゾンでは、「あわせて買いたい」で、この「聖なる予言」には「アルケミスト」が組み合わされていた(笑)

ということは結構、この「あわせて買いたい」は参考になる、ってことかもね(ふふふ)
[PR]

by mamemai | 2006-04-24 14:09 | BOOKS

思えば叶う

スピリチュアルなエネルギーの世界では、よくアファメーションを言うことを進められる。アファメーションとは、ポジティブなことを宣言する言葉みたいなものだ。

なぜ、アファメーションを言うと良いか、というと、声に出してポジティブなことを何回も言うことにより暗示にかかってそんな気になるからだ、とかいう人もいるが、実際は言ったことが本当になるから言った方がよいといわれている。(と思う。)

言霊、などというように、声に出していうことはパワーも強く、現実になりやすい。

一方でよく、心から信じればそれが叶う、というがそれもそのとおりだ。
でも、こうして生きてきていると、例えば「会社を立ち上げて成功する!」と心の底から強く思えない心配性の人も大勢いる。そういう人たちは、自分の内面でモンモンと考えていると、心配や不安しか沸き起こってこないので、心では心配だろうとも、口では「成功する!」と何回も言っておくほうがよい。

でもたとえそうしたとしても、心では心配だった人が、暗示にかかって「オレは本当に成功するんだ!」なんてすぐに思えるわけではないだろう。そうなるためには、相当な時間がかかるし、相当な回数言いつづけなければならないだろう。

私は、心底思って確信していなくても、口に出して言っていればそれは本当になると、思う。もちろん、心の底から確信していれば、たぶん実現は早いかもしれないけれど。

というのは、自分の周り中がいろいろなエネルギーで埋め尽くされていて、それらのいろいろな波動の影響を自分がうけていると考えると、「口に出して言う」ということは自ら波動を起こしていると言えるわけで、その起こした波動に自分のエネルギー(ヒモとか)もすぐさま影響をうけると考えられるからだ。口に出さずに心で唱えても波動は起こるので同じだ。だから心配ばかりしているとそれが本当になるというのも、事実だろう。


なんでこんなことを突然クドクド書いているかというと、しょ~っちゅう思っていたことが、本当になってしまったから。。。
しかもネガティブなこと。
嫌いな人が私の目に付かない遠くにいけばいいのに、というようなこと。

私の立場からしてみると、願っていたことが叶った、ともとれるが、なんとも後味の悪いことだ。ネガティブなことを思っていてそれが実現しても、罪悪感や自己嫌悪などが発生し、結局は願った本人にも大きなネガティブなものが振りかぶることがわかった。
逆にポジティブなことが叶うと、喜びも感激も大きいのでさらにポジティブエネルギーも倍増するのだが。

だからみなさんも、ネガティブなことを人に投げつけるのはやめましょう。結局はそれと同じが倍のネガティブなものが自分に返ってくるみたいですから。
「誰々がどうなれ」、とかそんなことを考えるのではなく、「自分がどうなりたいか」を願うのが自分にとって本当に良いことです。
[PR]

by mamemai | 2006-04-18 19:40 | エネルギーワーク

2回目に選ばれたエッセンス

昨日はバッチフラワーエッセンスプロ講座の2回目。
ユング心理学などについても、ちょろ~っと出てきたりして、「私が昔からやりたかったことじゃないか!」と感動!武者震いした!

昨日は、さっさっさーとペンジュラムを使って、全部のエッセンスの中から自分にあったものを1本だけ選ぶのをやった。
まさしく、さっさっさーと選べた私は(クリアクリスタルのペンジュラムを使ったためか、すげーよく動いてくれた)、あっさり

ホリー

になってしまった・・・。

またホリー?!強い否定的感情に支配されてるよ~(TT)

うーむ。

あ、ちなみに、今回のエッセンスを選ぶときに私が選んだテーマは「恐れ」。
自分の中の「恐れ」に対して良いエッセンスは何スかー?と言って選んだら、「ホリー」。

うーむ。
愛情をうまく表現できない・・・か。


裏切られたらどうしよう?とかヒトは信用できねーぜ!とか、そういう気持ちがあるのかな~。

深すぎてわかんねー。
そして、ホリーを飲んで瞑想すると、眠くなって一瞬で眠りに落ちそうになる(落ちてると推測される)ので、うまく瞑想もでけず・・・

ホリーについて誰か情報があったらおせーてください。嫉妬や不信など否定的感情が強い、ということぐらいしか理解していないので・・・。

へールプ!

このエッセンスは第3チャクラにブロックがある場合に選ばれることがあるみたいだけど、私はどーも、第2チャクラのがうずいてるんだよな~。

なんでだろーぅ なんでだろっ ななな なんでだろー♪(故障)
[PR]

by mamemai | 2006-04-11 20:30 | フラワーエッセンス

鞍馬山ハイキング♪

この土日の京都は、お日柄もよく、桜ものきなみ満開でお花見日和。いや~、混んでた、混んでた。京都ってこんなに混んでたのね。ほぼ、修学旅行以来だからびっくりしたわ。

平安神宮や清水寺といった中心地に程近いところにある、名所は桜もちょうど満開で人でごった返していた。休憩もできないくらいで、げっそりした。

が、私の目的地、貴船神社はまだ肌寒く、桜も咲いていないので人も少なく、よかった。そもそも最初、貴船神社にだけ行って、ご神水だけいただいてこようと思っていたのだけど、どうやら鞍馬山が近くらしかったので、寄ってみようということになった。

貴船から鞍馬へ行くルートにしようと思っていたけど、時間がないのでハイキングしなくてもいっか、ということで、急遽、鞍馬寺から貴船神社へ向かうルートへ変更した。
私には、こっちのルートから行けば、寺TO神社がチョイ歩きくらいしかないように見えたからだ!

が、実際は、鞍馬寺に行くと、何やら「●●殿こちら」「○×堂こちら」という矢印に従って進んでいるうちに、山の上まで登らされていた!しかも階段で。階段が超苦手の私はハンベ(半べそ)だったけど、もはや引き返すのも同じ距離くらいあるため進むしかない状況になり、のぼり続けた。
その後も「●●こちら」という道案内に従って歩き(階段を上り)、「い、いったい貴船神社へはどうやって・・・」と思う頃に、くだり階段になり、やがてくだり坂になって貴船神社のところへ出てしまった・・・。

ハ、ハイキングしてしまった、のかな。。。
階段がスタートだったので、ハイキングコースじゃないと思った・・・だまされた。

ときおり、貴船側から登ってくたと思われる人もいて、そちらは階段じゃないところもあり、急な山道なので結構大変そうだった。鞍馬側からだと急なところは階段(地獄)で、くだりが山道になったので、すがすがしく下ることはできた。

しかも、貴船口という駅から神社までのバスは、山越えに時間がかかったため終了しており、駅までも20分(と書かれていたが、もっとかかる)歩いて、ヘトヘトだった。というか、脚がパンパンで今でも痛いよ~。切れそう!(脚が)

ま、いつもデスクワークで頭ばっかり使って脚を使っていないので、脚のほうへエネルギーを回すには良い運動になったじゃろう。グラウンディングできたかな。

にしても、鞍馬寺は不思議な寺で、エネルギーが好きな人は是非行ってみてほしいお寺。宇宙エネルギーにまつわるお寺みたいなので、確かにいろいろなエネルギースポットらしいものがあり、楽しめた。
私は、護法魔王尊よりも、月輪の精霊であり慈愛の象徴という「千手観世音菩薩」の前の方が気持ちよかったな。優しく包まれる感じでした。

また、本殿金堂の前のあきらかに、ここエネルギースポットだろ!という△の集まりの絵柄のあたりは、その周りにたっただけで、あったかいエネルギーを感じるほどだった。
が、中心にたってみたら、そんなにめまいがするような激しいエネルギー、というのでもなく、目を瞑って静かにしていたら、私はでっかいモミの木を感じた。気持ちよかった。

貴船でもお水をいただいて(飲んでエネルギー補給も☆)、帰ってきてからそれでオーラクレンジングしておきました。

そんなこんなで、脚は切れそうだけど、なぜか全然疲れていない、正にエネルギッシュな旅だった。
[PR]

by mamemai | 2006-04-10 16:55 | エネルギーワーク

Myボトル パート1

今月から始まったバッチのプロセラピスト養成講座。
カウンセリングについても勉強するので、たいへんそう&楽しそう!ムキー!

第1回目は簡単な説明と、エッセンス選びあいで終了。とはいえ、バッチの全種類の中からペンジュラムで私用のエッセンスを選んでもらったので、大変意味深いブレンド。

内容は忘れないように書いておくと、
・アスペン
・ミムラス
・ハニーサックル
・ホリー
・ヴァーベイン

・・・基礎講座をうけたときには、全種類から選ばず、恐れ、不確実、などの7カテゴリーに分けた中からそれぞれ週ごとに選んでいったのだが、面白いことに、そのときに選ばれたものがまだ入っているではないか!

アスペン、ミムラス、ヴァーベインは自覚症状があるとして、おい!またハニーサックル!えー、私、過去に生きてるの???そして、またホリー・・・すごいネガティブな感情を抱えている??

・・・と、いいつつも、ハニーサックル、ちょっと心当たりあり。
オーラリーディングやエネルギーヒーリングをうけていると、大抵「思い出を捨てたくない、という気持ちを感じます」と言われる。それが、私自身のエネルギーなのか、誰かの捨てられたくないエネルギーなのかハッキリしないけど、たぶん両方だろ。

だって、いろいろな感情やつっかかりを手放す瞑想をしていると、「こんなに手放していいのかな」という気持ちになる。ということは手放せない何かがあるに違いない。

「手放せない何か」を手放すことは、アスペンやミムラスに関係して出てきてる。
「どーなっちゃうのあたし?」とか「何かって何よ?」とか、ま、単純にいうとそういうことかな。

そしてホリー。これも実は心当たりが出始めた。私は良いこともそうだが、悪いことも「執念深く」覚えているのだと思う。普段は意識してないけど、ほんとーに怒るような心底ひどいことをされたときには、「あいつ!絶対に忘れない」とそのとき口に出して言っている、もしくは、心で何度も思うからである。(1人で泣いているときなどに)

こうして文面にしてみると、そんな宣言してた自分に「こわっ」と思うけど、怒ったり、悔しがったりしているときは「くそー!絶対に許さない!」と思うわけで・・・。

きっと、そういう宣言は結構根深く影響しているんだと思う・・・な。本人は忘れた気でいてもな。

ということで、最近はもっぱら第2,3,4チャクラとワークしてる。
チャクラってそれぞれ役割があるけど、お互いに関わりあってると思うな~。当たり前か。
感情は第2チャクラっていうけど、ストレスなんかは第3チャクラに貯まるような気がするし、どっちかに負担がかかると近くのチャクラに影響が出て、どっちもアンバランスになってくるのかなぁ。。。

などと考えつつ、このブレンドエッセンスの飲み始めは、異常な眠さ(現実逃避だな、確実に)に襲われ、ぼーーーーーっとしてるか寝てた。つまり現在に居なかった。
でも、その分一層、がぶがぶ飲みつづけたので、少し現在にいれるようになり、意識もしゃっきりしてきつつある。がんば!あたし!

とはいえ、また月曜日には新しいブレンドになるのだった。
[PR]

by mamemai | 2006-04-07 14:52 | フラワーエッセンス

やっと読み終わった・・・

今、超話題の(?)「神との対話」をよーやっと読み終えたぜ~。・・・といっても、2巻は読んでない。本屋になかったので。1巻と3巻だけ。

以前本屋でこの本(文庫)を見かけたとき、奥菜恵が帯についていて、「なんじゃこの本?」と思ってパラ見したけど、ミーハーっぽかったので買うのやめた。1ヶ月くらいして、友人が何か本を読んでいるみたいだったので、何読んでるのか聞いたら「神との対話」だという。

どう?と聞いたら、彼女も最初はミーハーっぽくて手を出さなかったけど、読んでみたら【最後の方】は結構おもしろい。とのこと。彼女はなんとか版という、通常3巻のものを7、8巻に細分化して売っているものを読んでいたので「終わりの方」が通常のどの巻のどのあたりなのかは不明である。

まあ、3巻くらいのことかな・・・と思いつつ、彼女のオススメということもあり、読んでみることにした。まずは1巻から。そして3巻へ。

感想としては、私はたまたま(ということがあれば)、M理論についての番組を見て、そこから瞑想中にエネルギーについて自分の中でだいぶ整理がついていたので、新発見はこの本にはなかった。というか、この本の理論からすると、「発見」はなくて「思い出す」だけだから、既に思い出してた。文章にまとまっている点では復習になったかな!

この本に書いてあることを読んで、バーバラ・ブレナンの本を読んだときに考えた、「ワンネス」についてと、「M理論」がつながった。

まー、にしても、著者のニール・ドナルド・ウォルシュがほんとーに、何回も同じことを質問してたので、ちょっとイラッとしちゃった。(特に宇宙人のところ)

今までいろいろ本や実体験や自分の仮説で感じた、ワンネスとかオーラとかについて、自分なりにもう少しゆっくり考えてみたいと思う。
[PR]

by mamemai | 2006-04-06 20:45 | BOOKS

京都 貴船神社

今週末、ひょんなことから京都へ小旅行へ行くことになりそう。

桜を見に行く予定だけれど、京都と言えば、忘れちゃならない貴船神社。

貴船神社の存在を知ったのは、私がエネルギーワークのミニワークショップみたいなものに参加してみたときだった。そのときは、オーラについても「オーラといえば江原啓之」くらいしか知らないときだった。

ワークショップの先生に「さあ、早速お互いのオーラに触ってみましょう!」といわれ、触れてんのかな~と思いながら、手を人のまわりでフワフワ(パントマイムのように)やっていた。数人のオーラを触り比べていると、先生が「ん?これは・・・ちょっとオーラがスカスカみたいですねぇ。じゃあ、アレを使ってみましょう!」といって取り出したのが、ペットボトルに入ったお水。

小皿にそのお水をちょっと出して、その「オーラがスカスカだった人」の周りを、そのお水を手で軽く撒きながらぐるっと一周したところ・・・

再度みんなでオーラを触ったら、なんとそのスカスカだったオーラが ぽいんぽいん になったのだ!もちろんすぐに。素人でも触ってすぐにわかる変化で、そのときの参加者はみんな感動したものだった。

で、そのお水がどこのお水だったかって、先生が貴船神社に行ったときに持って帰ってきたご神水だったのだ。

すげー!私もいつかもらってこよ。と思っていたのだ。

しばらくして、フィンドホーンフラワーエッセンスの勉強を始めたころ、
「花の贈りもの―フィンドホーンのフラワーエッセンス 」を読んでいたら、「ジャパニーズチェリー(⇒桜)」のエッセンスを作ったときのエピソードが本に書いてあった。

桜のフラワーエッセンスは京都の貴船神社にマリオンが行ったときに作ったそうだ。たぶん、そこに咲いていた桜を少々いただいて、お水はご神水を使ったのじゃないかしら。

奇遇奇遇!

そして貴船神社の近くには、臼井さんがレイキを授かったという鞍馬山がある。何かとゆかりの多い神社だなぁ。

是非行ってみよ。水もらってこよ。
[PR]

by mamemai | 2006-04-03 16:20 | エネルギーワーク