花と私とエネルギー


私が感じたことをメモ書きするスピリチュアル日記です。
by mamemai
LINKS

☆エキサイト以外のリンク
mina-cle
日々是平凡なり
サンフランシスコ生活
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海王星水瓶座時代を振り返る


・・・早い!

振り返っちゃってますけど、まだ海王星水瓶座時代終わってません。
終わるのは2012年らしいです。

この海王星が水瓶座にいらっしゃったのは、1998年頃のことだそう。

海王星が自分というものを見えにくくする星であり、深い部分にあるものに触れてくる星であることを踏まえつつ、1998年頃からの自分を振り返ると・・・。

そう、私が自分とは何だろう、とほぼ初めてまじめに考えたのが1996年ごろ。海王星が水瓶座のドアをノックノック♪している頃だったのでしょう。そして、同年、自分なんて何の意味もないチッポケな存在だ!と思い、人生に絶望し、そのまま最悪な状態で1997年を通過し、1998年を迎えたわけです。1998年〜2003年頃までは、人生に絶望した状態でクサクサ過ごしていました。が、2003年頃は絶望なのは変わらないものの、遠〜くの方から変化の足音が聞こえ始めたころでした。

で、そうこうしている間にスピリチュアルというものに出会い、あ!私が探していた答えはここにあった!と思って、絶望からまんまと抜け出し、今に至るわけです。

絶望時代は、バッチフラワーエッセンスを選んでも「消極的な自殺」とも言われるクレマチスばっかり選ばれていました。

フィンドホーンのマリオンのセッションでは、「今回の生では絶望を体験するためにきたのかもしれない」などと言われ、輪かけて絶望しそうになったのを覚えていますが、捻れ体癖だったために、ナニクソ精神でなんやかんや大丈夫でした。

しかし今にして思うと、マリオンの言っていたことも、そうなのかな、と思えたり。こうして、自分がなんだかわからなくなって、真っ暗闇の生活をしたからこそ、ここに至っているのもあり。海王星が去ろうとしているこの時期、不思議とハッピーで安らいだ気持ちが訪れ始めているのを感じると、・・・単なる星周りだった!?とか思っちゃいますね。

ていうか、ほんと単なる星周りだったのでしょう。

今回の生で、海王星が自分の星座に来ない人もいることを考えると、やっぱり運命ってできすぎてるって思いますね。

今読んでいるエネルギー療法の本によると、発達途上の生物はあらかじめ準備された鋳型にそって生長しているという考えが書いてあり、その鋳型は例えばエーテル体などにあると言います。
これは生物の物理的な身体や形の発達について言っていますが、この理論を発展させると、もっといろいろなことがいわゆる鋳型にそって進んでいるのかなぁと思いました。

だから、こういう風に海王星が自分の星座にきて、去り、そこでの経験というのも、鋳型どおりのことだったのかなぁと思っちゃいました。

・・・しかし、海王星が去り始めると、ほんとスッキリしてくるな〜。
自分っつーものが、パキパキわかりはじめる。というよりも、海王星前のように、そんなこと気にも留めないどーでも良いことになりつつあるな〜。
でも、前後では同じ「どーでも良い」でも深さが違くなってしまったけれど。
[PR]

by mamemai | 2011-01-24 22:35 | スピリチュアルな考え事
<< ぷりぷり 新しいレッスン >>