花と私とエネルギー


私が感じたことをメモ書きするスピリチュアル日記です。
by mamemai
LINKS

☆エキサイト以外のリンク
mina-cle
日々是平凡なり
サンフランシスコ生活
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

体癖で周囲を見回す


今は、野口晴哉とその編み出した考え方の1つ「体癖」にハマっています。
なので、日常的に体癖的な見方でいろいろ考え事をしています。

家族や親族はどんな体癖か
会社のメンバーはどんな体癖か
かつての恋人たちはどんな体癖だったのか
友人や知人たちはそれぞれどんな体癖か

とか。

そんな中、クリアサイトの人たちについても思いを巡らせてみました。

大体、上下型が多いかなと思いました。上下型というのは、エネルギーが大脳に昇華するタイプで、頭でいろいろ考えを巡らせて完結するタイプです。上下型が強いと、考えるだけで実際に行動しない、ということになります。

でも、上下型だけじゃなくて、捻れが入っている人も多いような気がしました。捻れが入っていると、勝ち負けが重要になってきますので、ナニクソ!とガッツでがんばれるわけですね。

クリアサイトでは、ヒーリングではクォンタムコース、リーディングではアセンデッドインターンというのがひとつの区切りですが、リーディングコース(クレアボヤントコース)では、アセンデッドインターンを取得した後も通うことができます。

私なんぞは、捻れより損得が強いタイプかと思いますので、「取るもの取ったら余計に行っても意味がない(⇒自分にメリットがない)」と思って行くのを止めましたが、残っている人を思い浮かべると、みんな四角いタイプかと・・・。
つまり、捻れタイプ。

残っている全員を知りませんので何とも言えませんが、よく見かける人は捻れが多い感じがしました。捻れだけじゃなくて他の上下とかいろいろミックスされている体癖でも、捻れの印象が強い感じ。
それを確認するために、また潜入してみようかな、と思ったり(^^ 

かくいう私も、多少捻れていますが、今は捻れより損得の方が強いです。断然。

左右型というのは、感性やフィーリングで物事を判断する体癖と私は理解していますが、こういう人たちは意外と残ってないですね。来たり来なかったり。自由。これこそフィーリングの体癖。「だって、行きたくないんだもん」で済んじゃうんですね。うらやましー。行きたくなくても損するくらいなら行く、これが私です。

レバナ先生は何体癖かな〜と思い浮かべると、やっぱり上下+捻れ型かな〜と思ったり。でもあのふくよかな体には左右型も潜んでいる感じもするけど、それより開型(抱え込むと頑張れるタイプ)かな〜とか。
ついつい、「こうあって欲しい」という気持ちが邪魔して、客観的に見れませんけれど・・・。

うーん、左右型と上下のミックスかな。やっぱり。

江原さんとか左右型って感じだし、「霊感が強い」なんていう人は左右型なのかな〜と思いました。

私の母も3種(左右型)だと思うのですが、野口晴哉は3種をほとんど「バカ」として扱っているので、野口晴哉の本に書いてあることを伝えるととても嫌がります。

でも、「野口晴哉の時代に人気だったのは、損得と上下タイプだったけど、水瓶座の時代に入って今求められているのは左右型3種」とかいうと、なんだかよくわからないけれど、誉められた感じがするようで、まんざらでもないみたいです。

でもこれはまんざらウソじゃなくて、本当に私の感想です。
損得タイプや上下型タイプは、頭を使って理論を展開したり、わかりやすく噛み砕いて伝えるのに適しています。
なので、高度成長期で、ビジネスでみんなやってやろうぜ!とか、新しい技術を広めていく時代には、こういった汎用化させる力と、文句言わずにとにかくやれと言われたことはやる力が必要だったんだと思います。

そんな時代も過ぎ、今や個人の気持ちを大事にする時代。みんな自分が本当にやりたいことを探し始めています。
そんな時代に重宝するのが、左右型的な感性。「これは好き!」「嫌なものは嫌!」だけで行動できるわけですから。理由はいらないんです。「なんだか説明できないけれど、いい感じ」とかそういう、理論と理由ばかり考えている他の体癖から見ると、時に霊感めいて見えちゃったりするこの3種的な感性が見直される時代が来ている!のかな〜と思います。
そして、理論が頭に入らない分、たぶん実際に霊感が強いんだとも思います。人間のもともと持つ直感が邪魔されずに済む体癖、という・・・。

そういう意味で、野生度がさらに極まった左右型3種は、霊能力者、古代のシャーマンのような存在に最も近いのかな〜と思ったり。言い過ぎ!?
ま、霊能者にもいろいろタイプがあるでしょうからね。どの体癖も極まれば直感を活かせるでしょうが、いわゆるみんなが持つ「シャーマン」のイメージに近いのが3種なのかな〜。踊ったり叫んだりするシャーマン(^^

ネイティブアメリカンの長老みたいなのは、上下型かな・・・とか。種族によっても違うか。
などなど体癖妄想話はつきません。


意外と自分の周りに3種が多く、野口晴哉の言っていることをそのまま伝えると「どうせ私は馬鹿よ!」とイジけるので、私なりの褒め言葉を考えてみた次第です。

こうやっていろいろ周囲を見ていると、人から言われたことにムカッとするよりも、「あー、捻れの言いそうなことだな」とか考えていたりして、あまり即ギレしません。
でも、私も捻れていますので、いつまでも聞き分けがないと、突然、斧でまっぷたつにするようなことを言うので怖がられます。

なるはやで聞き分けてください。(なんちゃって)
[PR]

by mamemai | 2009-04-18 12:22 | スピリチュアルな考え事
<< フェイシャルリフレクソロジー 隠されていた力 >>