花と私とエネルギー


私が感じたことをメモ書きするスピリチュアル日記です。
by mamemai
LINKS

☆エキサイト以外のリンク
mina-cle
日々是平凡なり
サンフランシスコ生活
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ウェイン・トッピング


友人のKちゃんが、ウェインの通訳もやっている関係で、今回清水の舞台から飛び降りるつもりで、ウェイン・トッピングの個人セッションを受けてみました。

ウェインは、ウェルネスキネシオロジーというのを教えている方で、国際キネシオロジー大学のアメリカで4人いるメンバーのうちのひとりでもあり、タッチフォーヘルスをはじめ、さまざまなキネシオロジーを教えている先生、おじサンです。

Kちゃんと私の似ているところは、スピリチュアルな世界に関わっているものであるが、スピリチュアルがあまり好きくない・・・というか、現実的な観点を非常に重要視する水瓶座である、というところでしょうか。
そのため、KちゃんオススメのウェインもVOICEの中では異色?といえるのではないかという現実的な視点を持つおじさまではないかと思われます。

つまり、チャネリングとかヒーリングとかそういうのではなく、あくまで筋反射をベースにスピリチュアルのスの字もない感じです。

個人セッションでも、細かなヒアリングを元に、筋反射をし、原因となっている箇所、過去の年齢、感情、などを特定し、特定された内容を元に必要なアクションをし、バランスのとれた状態に戻ったか再度筋反射で確認し、終了、といった感じで、ぼやっとした部分は全くなく1つ1つ確実に調整されていくという感じでした。

人はそのときそのときによって、その精神状態や年齢的なものや信念体系などの影響で、どのようなセッションを受けたいか、どのようなセッションで問題を解決できると感じるか、が異なりますよね。
最近の私にとっては、この、ぼやっとしたところのない、まさに筋反射のようなカチっとしているというのがツボなので、ウェインのセッションも大満足でした。

加えて今回のセッションでなるほど感が深まったのは、私の長年抱えていた問題は臓器でいうと脾臓に関係するものだったのですが、これはフェイシャルリフレクソロジーで特定された原因となっている経絡と同じでした。
フェイシャルリフレクソロジーでは胃脾経の脾に一番進んだディポジットが見られていたので、フェイシャルリフレクソロジーのディポジットの信憑性についても得られることとなりました。
となると、フェイシャルリフレクソロジーで特定された原因となる経絡に、キネシオロジーのメソッドを使って働きかけることもできそうですよね。
フムフム。興味深い。

今回のウェインのセッションでは、押したり経絡をマッサージされたりみたいなことは特になく、感情的なリリースがメインだったのでおでこを軽く触っていただけなのですが、気がつくとお肌がまたぷりぷりに・・・。

脾経が整ったということなのでしょうか。

いつもぷりぷり尺度になってしまいますが、やはり脳の使い方は体の使い方に影響し、それはお肌のぷりぷり感に反映されているな〜と感じます。
セッション後の私は、肌がぷりぷりして若返った感じに見えます。25歳くらいに見える!(自分では・・・)
この発言自体がせつない感じする。

ウェインは世界を飛び回っていて日本には年1、2回くらいしか来ないかもだけど、機会があったらイブニングセミナーにでも参加してみてください。
イブニングセミナーでは、ストレスリリースの方法をデモンストレーションしてくれますが、そこで教えてもらうメソッドだけでも大いに役立ちます。

解決したい根深い問題がある方は個人セッションもぜひ。結構、値がはりますが!
[PR]

# by mamemai | 2011-12-01 22:11 | エネルギーワーク

氣を整える


骨、筋肉、筋膜、神経、経絡、脳、エネルギー、(氣)といろいろと学んできましたが、結果、「氣」かな・・・というのが私の今のところの結論。

脳かな・・・というのもあったのですが、脳は影響力は強いものの、脳以前というもの、脳は何に反応しているのか、というところがあって、また、折しも、細胞に関するTVの特集を見ていたら、脳は最後の方にできた器官で、細胞の自立的な動きを脳が全て指示しているとはいえない、なんつーことを言っていたので、となると、脳ってわけでもないのかなぁと。

日本の武道でもきちんと習うと氣と精神、氣と体の関係を教えてくれるのかもしれませんが、私は太極拳や八卦掌という中国武術を通じて、氣と精神、氣と体の関係について感じる機会に恵まれました。

また、アプライドフィジオロジーのセッションでも、神経、経絡、エネルギーを整えるということが、なんだかこころの持ち様、考え方、発想の展開方法にまで影響を及ぼしているような感じを受けていました。

太極拳や八卦掌では、まずは氣を先に動かしてそれに従って体を動かすということを練習します。氣から始まるんですね。「何の気なし」に体を動かしてはいけないんです。
そうしていくうちに、自然の氣を呼び込んできて、動かし、そこに体をついていかせる、ということができるようになり、自然と一体化する動きになるそうなのです。

経絡は念や氣など繊細なエネルギーの影響を受けやすいものです。というか、経絡自体、普通の人が感じられるエネルギー系の一端だと思いますので、オーラなど普通の人が感じないと思っているエネルギーのように随時ゆらゆら変化するわけです。
なので、経絡を整える簡単な方法は、自分の周りの氣を整えることといえます。(ま、氣を整えるのが難しかったりするんですが)

経絡は神経系、筋肉系、よって内臓にも影響を及ぼしますし、神経や筋肉は骨格とも関係ありますし、とたどっていくとやっぱり経絡、つまり経絡以前のエネルギー、氣をきちんとコントロールし、整えることが大切だと考えるに至ったわけです。

とはいえ、あらゆる相互関係の中で、どこかの部分が非常に偏っている場合、氣からだけでなく、その部分に直接的に働きかけることで氣の効果が修正、持続されやすくなる、と言えると思います。
つまり、筋肉の使い方に偏りが出ている場合は、マッサージや筋膜ワークを使って筋肉が氣の反応を起こしやすい状態にしておいてあげることで、本来の自分に戻る早道となるのかなぁ・・・といったところです。

八卦掌まだ1回しかやってないのに、氣や経絡に何か影響があったようで、考え方が急にスッキリしたので、やっぱり流れが整うと幸せ感ってひょっこり出てくるものなのだなぁと感じました。
続けてみてどんな変化が出るか楽しみです。
[PR]

# by mamemai | 2011-10-09 12:59 | スピリチュアルな考え事

思ってたのと違う・・・ていう感覚


先日アロマのブレンディングについて習ったのですが、実際にブレンディングしてもらったことがなかったので体験しに行ってみました。

マイブレンドを作ってもらうには、まず体調やら使う目的やらそういうベーシックな質問シートにまず答え、それを元にセラピストがさらにいろいろヒアリングしてくれます。
その過程で、私のイメージっぽいオイルをまずはいくつかシングルで香って確認していきます。
トップ、ミドル、ベースという感じで合計で何種類か選ぶようです。今回は6種類くらい選ばれました。

で、そのシングルオイルを何をどれくらいという感じでセラピストがブレンドしていくわけです。

まだ1回しかやっていないのでセラピストによってどれくらいの技量の差があるのかわかりませんが、たぶん技量の他にも感性相性というようなものも一致していないと、これは難しい作業だろうなぁと感じました。

そんなこんなで、まずはざっくりブレンドオイルを作ってくれて、それを香って、さらに細かい調整をしていくわけです。
もう少し甘くしてほしいとか、スッとする匂いはもっとしないほうがいいとか。ここで遠慮しないでどれくらい言えるか、というのがNOと言える日本人かどうかを試されるところかもしれません(笑)

で、そんな風にして微調整しながら何度か作り直してもらって、出来上がる・・・わけですが。

。。。なかなか、「これだ!」という香りになりませんでした。

それとなく、ブレンドしてくれたセラピストに「こういうのってイメージとなかなか一致させるの大変じゃないですか〜?」と聞いてみると、その方がおっしゃるには、最初にカウンセリングしたときに言っていたことと、実際にそのような香りをかいでみると、気が変わってしまう方がいるというので、作りながら調整していくのがやっぱり重要ということでした。

つまり、どういうことかというと、フレッシュでスッとするような香りが良いと言っていたとしても、実際にフレッシュでスッとする香りができあがって嗅ぐと、「私が望んでいたのは、フレッシュでスっとする香りではなく、まったりした甘い香りでした。」となってしまうことがあるということです。

これは、依頼主の表現方法が未熟という可能性があったり、依頼主のイメージを作り手が上手く取り込めなくて依頼主がそれとは違うと思ってしまうなどの可能性もありますが、たぶん、そういうミステイクということ以外に、実際に気が変わってしまう、もしくはもっと深い望みに気づいてしまう、ということがあるんじゃないかと思いました。

私自身も作ってもらって香りを嗅いだ時に、確かにこれは私がお願いした香りなんだが・・・嗅いでみるとイメージの中でその香りを嗅いだときの感覚となんだか違う。

先に書いた「表現方法が未熟」ということでもあると言えるのかもしれませんが、人間が感じている深い感覚を言葉で表現するってやっぱり難しいことなのだなぁとつくづく思いました。言葉に出たものをみると、そのとおりなのですが、元となっているエネルギーはその単語以上に壮大な広がりを持っているわけで、とある記号といえる言葉を使ってその壮大な広がりのエネルギーを伝えあうわけですから。

やっぱり自分のことを一番よくわかっているのは自分であると感じる一方で、そういう記号等を使うことで起こる、ある種の「誤解」から産まれる新しい感覚や発見もある。

なんだかアロマブレンドを通じて、かつて大学の時にレポートで書いた「人と人との言葉によるイメージの共有の限界」についてのことを思い出しちゃったり。お望みのものを再現するという意味ではアロマブレンドはとても難しいスキルだけれど、この作業自体に潜む可能性とおもしろみが少しわかった気もしました。

そういえば、去年受けたスピリチュアルアロマ講座では、3種類だけで香水スプレーを作りました。そのときの3種はエッセンスの名前を見ないで自分の直感で選んだ3種でしたが、自分にとってそれはそれは気に入った香りができあがったものでした。

ということはもしかしたら、その時の自分が望んでいる香りというのは潜在意識を使えば簡単に選び出せるのかも。
これも試してみたいことのひとつですね〜。自分しかまだ事例がないから(^^

ちなみにアロマブレンディングはこちらでお試しいただけますよ〜。
ジャスミンアロマティーク
[PR]

# by mamemai | 2011-09-28 21:13 | もわわん

なんだかよくわからないけど・・・


なんだかよくわからないけど、アロマのブレンディングの講座を受けてきました。

この講座のことを知ったとき「そう!こういうのを待っていたのよ!」と思い、ワクワクと講座の日を待ち、いよいよ受けたわけですが。
受けてみたところ、「はて?」という感じで、これがいったい私にとってどんな意味があるのか、全くわからぬぞよ。という感じでございました。

ただ、講座の内容自体についてはとても興味深く、アロマのブレンディングというのはそれ自体が匠の技ともなりうる、クリエイティブでアートなものであるなぁとは感じました。

この講座を見つけたときにあまりにも嬉しかったので、「魔法の王国オラクルカード」でこの講座は私にどんな意味があるの?みたいなことを見ていたのですが、確かにそれでも、「時間が必要」というカードが出ていました。しかし、いずれ、宝をもたらす的なカードも出ましたが、まー、しばらくは趣味のお楽しみとして。アロマを遊ぶたまの手法としたいと思います。

ちょっとずつではありますが、昨年あたりからアロマについて接点が出て来ている感じがします。ヒーリングとかトリートメントをやっているわりには、アロマと縁遠かったのですが、ここにきて、いろいろな形でアロマの奥深さに触れています。

アロマ講座を受けたあとの今週は図らずもアロマづくしの1週間といった感じで、毎日さまざまな形でアロマに触れています。

どんな形でこれからアロマを使っていくのか、まだ相当!不明ですが、じわじわ攻めていきたいと思います。
[PR]

# by mamemai | 2011-09-20 19:36 | もわわん

アイツが来ている・・・


なんか久々に感じた虚無感・・・
暗い・・・ダークネス・・・

な感じを味わっていたわけですが、この感覚はそう!海王星が水瓶座にいたときの感覚。
思い起こせば1990年代後半からつい先日まで私をしっかりと包み込んでいた「生きてる意味がよくわからない」感覚が先週末くらいから急に戻ってきていました。

あまりにも長い間一緒にいた感覚だったので、それが普通だと思っていたのですが、ここ数ヶ月海王星が水瓶座にいない間は、「生きてる意味」とかそういうことを一切考えないイケイケな日々だったので、ここに来て初めて、あの感覚は海王星が着た時に私に出てくる感覚だったのだと気づくことができました。

90年代後半、大学生活も終わりを告げようとするころから海王星の重々しい波長は既に私のところにやってきていて、急に「自分がなぜここに存在するのかわからない」という深層心理中の深層心理がひょっこり現れ出たのでした。

当時は、うら若き乙女で学生でしたし、グラウンディングなんぞ全くしておりませんで、かつ、宇宙のことも知らず、そして、タオでもなかったので、ダークネスな波にあっさり飲み込まれ、悩んだ末、心理カウンセラーのカウンセリングを受けました。

が、泣きながら相談する私に対し「恋人ができれば何かが変わる」というある種予言者めいた、または、全く私の気持ちを読み込んでくれてないとも思われるカウンセラーのアドバイスに、心底がっかりし、そしてそれが、今考えると私の原点とも言えるところとなりました。

誰にもわかってもらえない気持ちをわかってあげられる存在に自分がなろう、と思ったわけです。
太陽や、海、風、大地のように、どんなときもそのままの自分を受け入れている存在になろうと思った訳ですよ。

それから苦節十数年・・・
海王星が去ると共に、上記のような気持ちもすっかり忘れてしまったのですが、、、というか思い出そうとしても思い出せなくなっちゃったんですね〜。不思議と。

でも今回ふたたび、海王星が戻ってきたことで総復習的にアノ頃の感覚を取り戻し、自分の原点を見直すことができました。
しかし、まだしんどいですけどね・・・。海王星来てる状態って。

例えるなら、
海王星のいない状態って、月の光ってる方みたいな感じで、キラキラ〜、私輝いてる〜、イケイケ〜、あげぽよ〜、です。

海王星のきている状態って、そのあげぽよムーンの裏、一切光りの当たらない真っ暗な部分で、「お前にはこんなに冷たくて暗いスポットがあるんや!」と思い知らされるという感じです。

でも、それも自分の一部で、汚いとかそういうことじゃなくて、魂の持っている願いや叫びみたいな感じなんです。

だから、この期間に丁寧にこの感覚と向き合って、これからの自分の指針にしたいと思います。
[PR]

# by mamemai | 2011-08-01 21:43 | スピリチュアルな考え事

念願の剣を手にした日


先週でフラワーアレンジメントのクラスも終わりました。
一度はまじめに習ってみたいと思っていたフラワーアレンジでしたが、基本的なことを習えて、私としては満足でした。
私が習ったところは、あまり細かい決まりはなく、花がいきたいようにいけてあげる、というフリーな感じが私にはあってました。

アドバンスクラスに進んでも良かったけど、なんかすでに満足したので、あとは自分で花買ってしばらくやってみようと思います。

今はビーズアクセ作りをせっせと創っています。つい先週習ったことなのに、もう忘れてる・・・おそろすぃー。地道に続けたいと思います。
私の創るものはへんちょこりんなデザインだったりするので、一般に売っているものにはあまりないタイプのできあがりになります。そのせいか、誉めてもらえることも多く、ホクホクした気持ちになります。

そんな感じで女性らしいチマチマした手仕事生活をしている・・・のかと思いきや、太極剣のクラスが始まり参加してきました。
太極拳もDVDでしかやったことがないド素人なのに、「太極拳を1年以上続けている方達のための上級クラス」である剣クラスになぜか参加・・・。

みんなマイ剣持ってる・・・。私は折りたたみ傘とかでやろうと腹をくくっていましたが、それではダメらしく、剣を貸してもらえました。
素人なのに、マイ剣買わないといけないかもしれません。

太極拳玄人たちの中に密かに忍び込んでみたクラスでしたが、剣クラスは「これぞ私の求めていたものである」と思える大満足の内容。
やっぱり剣とかをブンブン振り回してやりたかったのよ〜。強そう!

といいつつ、基本的な動きがわかってないので、今回は4つ程度の型しか覚えられませんでしたが、これからYouTubeで動きを復習しつつ、剣の氣が内に発するように、そう、剣と自分が一体化する、そして、天人合一の境地に至るべくがんばりたいと思います。(月に1回のクラスですが・・・)

あー、たのしーわー♡
[PR]

# by mamemai | 2011-07-25 21:08 | もわわん

過酷な修行がまたひとつ終わった・・・


ものもらいができほど疲れているので連休は休まなくてはいけない私でしたが、前々からビーズアクセ作りの集中講座を申し込んでいたので、この連休にガッツリアクセ作りをしてきました。

1日あたり3作品を作り、徹底的に技術を習得するという結構過酷な講座なので、サポートに来てくれていたインストラクターコースの方は最終日に体調崩して吐いた・・・と言っていたのを聞いたので、少し自制しつつやらなければ・・・と気をつけました。

気をつけていても、やっぱり1日の終わりには先生の言うことがあまり耳に入って来なくなり、穴に糸やワイヤーを通すのもままならなくなったりしましたが、ブレインジムで乗り切りました。

今までもオレ流で創っていましたが、技術をしっかり教わったので、よりキレイに仕上げられるようになりました。あとはセンスだね〜。

今習っている、フラワーアレンジでの技術もなぜかアクセ作りの方にも活かすことが出来、何事にも無駄はない也、と思いました。

フラワーアレンジも今週で終わり、一段落・・・する間もなく、憧れ&待ちに待った太極剣コースが始まります!
いやーん!うれしい。
きっとこれで氣も充填され、夏の疲れも吹き飛ぶはず。

いや〜、今年・・・ヌメロナンバー9の年ってこんな感じ!?
忙しいーっっ。
[PR]

# by mamemai | 2011-07-18 20:03 | もわわん

早くも夏疲れ


今年に入ってから、ストップするだろうストップするだろうと思いつつ、ほぼノンストップで動き続けてきて、夏に入りやや疲れが・・・。
夜暑くて眠れてないからだな〜。

会社の方で不意に昇格してしまったのもあり、急に責任のエネルギーといろいろな人間がらみのわけのわからんエネルギーがどっとやってきていたのですが、忙しかったのでケアがおざなりになっていたら、とうとう体に出ました。

久々のぷっくりものもらいです。

私は疲れると目と耳に何かが出る場合が多いので、目の淵あたりにできるプチッと小さな吹き出物みたいなものなんかは、ほんとしょっちゅうできていて、4、5個ぐらい一度にできていても、「またか」くらいにしか気にしなくなりましたが、今回はさすがに無視できない膨れよう。

やー、こんなの何年ぶりくらいだろう。高校とかかな〜。

で、それでもあまり気にしていなかったのですが、できた場所が微妙な場所だったらしく、しばらくしたら、できた側のほっぺがひきつったり、耳が聞こえにくくなってきたので、ものもらいじゃないかもしれない!と思い、眼科へ一応行ってみました。

先生がじっくり検査したところ、「いわゆる・・・ものもらいですね。」ということで、ザッツオールだったわけで、結局三叉神経がらみでなんかその辺にも影響出たらしい。

とはいえ、疲れを解消せねば、と体をほぐしに行き、それでも耳が聞こえにくくなっていたので、やばいと思い、自分でせっせとフェイシャルリフレクソロジーしました。

ちょうど、難聴や目に関するケアの仕方があったので、それをやったら、少し聞こえがよくなり、「聞こえにくい」から耳鳴りに変化しました。

よって、こりゃ治るな、と思い、あとは良く寝るだけだー!と睡眠をとったところ、翌朝耳鳴りは治まっていました。あー、よかった。

たぶん、ものもらいの腫れも引いていたのでそのせいでしょう。

あとで休もう、あとで休もうと思い、ついつい突っ走り続けてしまう自分に反省。

8月は休むことにしよー。
[PR]

# by mamemai | 2011-07-16 20:31 | もわわん

私って癒し系かも

実は最近フラワーアレンジメントのスクールに通ってるんですよね〜。
毎回きれいな花たちをあーじゃこーじゃ生けて、クリエイティブでアートな感じで女性らしい時間を過ごしている・・・

その一方で、

そのスクールの先生が恐いんですよね〜。これまでも1dayなどでいろいろなフラワーアレンジメントのスクール行きましたが、フラワーアレンジメントという言葉からイメージする癒し系の女性らしい先生像とまず一致したことなくて、今のスクールの先生も見た目こそ女性らしいけど、中身は男勝りといった雰囲気をビシビシ感じます。

やっぱり女手ひとつでスクールとかやるには、男気がないとダメなのかしらね・・・。と自分を納得させつつ、何せ、なんかやるたびに先生に怒られるのではないかとクラス中のみんながビクついているという、ある種おもろーな状態になっていることが先日わかり、私だけじゃなかったんだ、と一安心しました。
スクールなのに、みんなが先生の目を盗んでササッと生けるようになっていて、「今日も先生が見てない隙に直した」「私も!」なんて話で帰りは盛り上がります。

それでいいのか、フラワーアレンジメントスクール。

でも、先生は恐いだけで別に悪い人ではないので、憎めない感じです。
M気があれば、癖になるタイプかもしれません。花の美に対して完璧主義なのよね、先生。

イメージと違うといえば、先日初めて行ったアロマトリートメントのセラピストの方がこれまた男勝りな感じの方でした。
ホームページでは、「あ、すごく癒し系っぽいな」と思って行ってみたんですが、生身のセラピストさんは、なんていうか、ま、・・・癒し系じゃないっていう・・・。
こういうことってよくあるんですよね。

あまりにもよくあるので、最近、私の思う癒し系って私の頭の中にしかなくて、この世には存在しないのではないか、と思い始めたところです。
ま、唯一私の想像するような癒し系を体現できるとすれば、それは私しかいないということになるでしょう。

私が自分のイメージする癒し系な存在になれているかどうかはわかりませんが、でも、今まで会った「癒し系と思ってた人」たちと比較すると、知らず知らずのうちに私はずいぶん癒し系という位置に来ているのではないかと自己認知を改めるべきなのかと思っています。

私、あんなに恐い感じ漂わせてないと思うし。やさしーよー。(自称)
雰囲気が男なんだよね、みんな。
見た目は女なんだけど。

まー、私に言えたスジじゃないっちゃーナイんだけど・・・。
私もああいう男勝りな感じなのかなぁ。。。
[PR]

# by mamemai | 2011-06-12 23:59 | もわわん

ブレインジム、まじ、すげー


5月末でブレインジムの101コースが無事終了しました。
4日間のコースなんですが、濃かった〜。

ブレインジムってマイナーじゃない?
だから、マンツーマンレッスンだったんです。今回。
そのおかげで、結構個人的なこととか、大勢いたらはばかられるマニアックな質問とかい〜っぱい聞けて、すごい深く勉強できた気がする。

コースが終了してからも、ブレインジムのエクササイズをやるようにしていて、そのせいか、クリエイティビティーがすごい。私、こんなに芸術的だったっけか!?と思うほど、なんか手先の表現力がよろしくなっているのを感じます。

また、ブレインジムやると五感が鋭くなるため、インスピレーションや気づきの能力が高まるんですよね。だから、例のシンクロにも超気づきやすくて、ことがトントン進みすぎて恐いくらいだよ〜。
って、恐くなるとまたブレインジムのエクササイズやって進む、みたいな(笑)

自分の脳が統合されてくると、統合されてない人がわかるようになってきました。統合されてない人とは、要するに、脳の使い方が偏っている人のことですが、「あ〜・・・統合されたらもっと楽にできるのにな〜。」とか「右脳がバランス崩してるときの現象だな〜」とか「脳幹が優勢になってんだな〜」とか思って、イラっとしても許せる寛容さが少し身に付いた気もしなくもない、です。

また、不思議だったのは、ブレインジムをやって私の脳が統合されている時間が増えてきているのですが、なんとそんなことは一切知らない母が、私のことを「最近優しくなった」とか「小さいころのおおらかなあなたに戻ったみたいな感じがする」などと言ってきたことです。

「・・・使ってなかった右脳を再度使い始めたからじゃん?」と言ってみましたが、母にわかるわけなく・・・。そんなことなんでもいいけど、とにかく良かった、そのままでいてほしいと言われました。

私自身の内面的な優しさが増えた、という感覚はないのですが、何が違うかって、醸し出す雰囲気なのだと思います。
脳がうまく統合されてくると、受け取り理解し表現するという流れがスムーズになります。統合されていないとその流れのどこかが破綻しているため、他人に対して自分の意図したものとは違う印象を与えてしまったりしているようなのです。

自分でいうのもなんですが、私は以前からやさしかったんですが、母にはそれが一切伝わっていなかったのが、ブレインジムをやっただけで、特に何もやってあげたりしていなくても、「やさしい」と感じさせてしまったのです。
人と人とは言葉だけでなく、ノンバーバルやエネルギー(雰囲気)でコミュニケーションを取っている部分が多いので、私の脳の使い方が変わって全身から発しているエネルギーも変わったということでしょう。逆にこれまでは行動しても優しいと思われなかったけど、今は何もやらなくても雰囲気でオッケーになってる。こりゃ得だな。

すごいね〜。
あー。すご。
[PR]

# by mamemai | 2011-06-05 23:08 | エネルギーワーク